FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-30

エマージング アートワークス 初日でした

さて、昨日はわたくしのお絵かきワーク、初日でした。
いらしてくださったのは、お一人でしたが、
それでも楽しくワークが出来ました。

始めはカテゴリーチャートというものを作ってもらい、
それから絵を2枚描いていただきました。
受講者の方が、まず内面の顔の絵を描かれる前に引いたカードが「出産」の意味のカードで、
外の顔の絵を描かれる前に引いたのが「受胎」の意味のカードだったのが印象的でしたね。
カードは40枚以上もあるのに、この2枚のセットで引くなんて。
おお☆


受講者の方の絵には、メッセージがちゃんと入っていたと思います。
まだ自覚できないメッセージも満載のようで、
それはあとからじわじわと、ある日わかる日が来るのですね。
と、思ったら、終了後、車の中で「あ」と思ったことが見つかったそうです。

面白かったと言っていただけて、安心しました。

みなさんもよかったら、絵を描きにいらっしゃいませんか。
明日の土曜日、そして11月は20日(金)、22日(日)、12月は15日(火)、20日(日)の
いずれも13:30~16:30まで。場所はJR北浦和駅から徒歩3分の、北浦和ターミナルビルの3Fの会議室のどこか。
始めだけ、スケッチブック代金とカードの代金で、3700円弱いただきますが、
受講料は3000円です。
出張もいたします。
場所があったら、喜んでさせていただきます。
是非呼んで下さい。


駐車場はあるのですが、90分の割引券しかでないので、
800円くらいになっちゃうみたい。
出来れば電車のほうがお安く済むかもしれません。


スポンサーサイト
2009-10-30

You are His masterpiece!

God created you for His good purpose and you are His masterpiece!
直訳:神は彼の良い目的のためにあなたを創造しました。そして、あなたは彼の傑作です!


傑作のはずなのだが。

仕事で配っているニューズレターのコピーをしに、わざわざ上野のキンコーズまで足を運んだ。ご足労ご足労。
街角コンビニのコピー機じゃだめなんだ。
裏表にコピーしてp8ものにする決まりごとを自分で作ったから。
(ニューズレターのことでした)

今はマイクロSDカードにコピーして持っていく。
こんなにも、あまりにもあっけなく簡単な道具が、かなり前から存在していた。
それを知らないでいたために、自分は一体何万枚のCDを無駄にしてきたことか。
CD供養をしなければならない。
針供養はこんにゃくに刺すけど、
CDは何にどうしたらいいものやら。


キンコーズの、PCを1台借りる・・・と、ファイルが開けられないとインフォメーション。
なんで。
試しに他のPCでやってみたが、やはりだめだった。
データを作った人が作った人なので(オレ)、きっと自分が悪いのだと思い、
キンコーズの係の人に、手間の礼を言い、しょんぼり帰ってきて、
リッチー(オレのノートPC)に、
キンコーズで全然受け付けられなかったマイクロSDカードを差し込んでみた。

したっけ、平気ではないか。
なんで。
全然平気ではないか。
なんでー。

今回持って言ったのは8GBのマイクロSDカードだったのだが
それが悪い?
そんなこと、関係ある?
でも今までは1GBのSDカードでOKだったんだ。
それは携帯電話に入れてるものだから、
奮発して8GBのを買ったのである。
ハチギガハチギガバーイトバイト 
『もしかして掴まされちゃったのか疑惑』いっぱいの地下鉄だったが、
今、リッチーで試して全然平気ってことは、疑惑は霧散。
一体何が悪かったのだろう。

でも、とりあえず、『自分は神の失敗作じゃないのか疑惑』も霧散。

また同じ目に遭うのもアレだし、
翌日、今までOKだった1GBのマイクロSDカードにも入れて持っていってみよう。
こんなところでくじけているわけに行かないんだ。
上野までの交通費がばかばかしかったけど、
地下鉄に揺られに行ったんだったよなぁ?(無理やり)





※ええと、やはり8GBのが原因だったみたいです。
2G以上のSDは記録方式が変わるそうで、
新しい規格に対応してないと「外付けデータ媒体」とは認識してくれないのだとか。
勉強になりました。
それにしても、わたくしの中古のノートPCより古い機種でコピーサービスしてるのだわね、あそこ・・・。

というわけで、ニューズレター、お手許に届きました?
今回から季刊誌になります。


2009-10-28

羊のお礼

ヴィヨンの妻を観て来た。
羊のお礼に先生が誘ってくださったのだ。

それにしても、渋谷の映画館がわかりづらくて本当に参ってしまった。
私もなんとなく調べて、宮下公園の傍なら行けば判るだろうと思ったのだけど、
行っても全然わからない。
昔みたいに変な大きな看板があるわけではないのだなぁ、今は。
ご高齢の先生をたくさん歩かせてしまった。
申し訳なかった。


開演時間より少し遅れてしまったけれど、
入ったら、ちょうど予告が終わったところだった。
入り口で座席を指定するシステム。
でも中に入るとガラガラ。
「ちょっと前すぎたかな。後ろに行っちゃおうか」と先生はおっしゃったのだけど、
私は先生が係りの人に叱られるのを見たくなかったので
「私は平気です」と答えた。
でも、移動しても差し支えなかったみたいだった。



太宰治であるところの大谷役である浅野忠信さんが、全くもってかっこ悪く演じているのがとてもよかった。
何一つかっこよくなくて、足掻いて、もがいて、苦悩して、それを曝け出す。
この人は別の角度から見るとすごく強い。
こんなに弱いところを曝け出せるなんて。

松たかこさん演じるサチもとってもよかった。
明るく、真っ直ぐで、可憐で、優しい。

広末涼子さんはもともと綺麗だったけど、今回はとても色っぽかった。
声をもう少し低く発音できたらいいのにと少し思った。
でも刑務所でサチとすれ違ったときに見せた「ふっ・・・」という笑いとか、
凄みがあると思った。


どうしてあんなに太宰治のことを女達は愛しちゃうんだろうね?
太宰治が死んじゃった後も、関係を持った女性で太宰治を悪く言う人はいなかったと聞いたことがあるのだけど
それってすごいこと。
どんなにいい人だって、その人の悪口を言う人はいるものなのに。



遅めのお昼ご飯と、
それから4時くらいまで、東急地下の小さな喫茶コーナーで渋谷ブレンドをご馳走になった。

「いやあ、全く最近は何をするにも億劫で、何をしても楽しくない」
ふと見ると、左利きの先生の手、小指の腹に絵の具。
楽しくなくても描くのだなぁと思いながら聞いていた。
「全くつらいことばかりだが、君と会うのは楽しいよ」
そんな風におっしゃった後
「ところで君のしていることは、暗示なの?幻覚を使うの?」
・・・この人はまだ私が変な宗教にはまっていると思っているのだなぁ。
それなのによく私と会って話をしようと思うなぁと逆におかしくなった。
「先生、暗示や幻覚だなんて、それじゃあ詐欺ですよ」と笑いながら言ったら、
「いやいや、そうだな。ほっほっほっ」

心のどこかで、ほんのちょっぴりだけ
「じじぃ」と思った私を許して、神様。


でも先生は、洗礼も受けていないし、信者でもないのだけど、
礼拝前のオルガンの賛美歌が流れる静かな時間が大好きで
よくプロテスタントの教会に行かれるそうだ。
牧師さまも、先生が画家であり、無宗教であってもイエスの絵を描かれていることなどご存知で、
よくお話をするのだとか。
「牧師さんなんかは、始めに言葉ありきなんていうけどね、聖書もみんな結局言葉なんだよ。
始めに人間ありきなんだ」
「先生、わたくしはそのご意見に同意できません(with天使の微笑み)」
「そうか。ほっほっほっ」
インチキなスピリチュアルオタクよりも、余程先生はスピリチュアルだ。
ただ、先生はスピリチュアルという言葉を誤解なさっているだけだ。



先生は奥様の病院までバスでいくとおっしゃるので、駅前で別れた。
私はそのあと、地下鉄に乗る前に東急の地下に再びもぐり、トイレに行こうと思ったのだけど、
入り口まで溢れている列に圧倒されて
もらしてもいいやと思いながら(ウソ)、踵を返し、もと来た道を歩いていると、
なんともまた先生に会った。運命。にっこり笑って握手。
「おやおや。僕はトイレに行こうと思ったんだ」
「では先生、トイレまでご案内します。すこく混んでいるかもしれませんけど」
その手を離さずにトイレまでエスコートする。
男性のほうは空いているらしかった。
トイレの前で恭しく手を離した。
「では先生、また。今日はありがとうございました」
「いやいや、それではトイレの前でグッドバイ」


2009-10-23

羊の夢

http://haccabox.blog110.fc2.com/blog-entry-264.html 続き


早速インターネットで羊を探した。
で、見つけたのは、プライザー社というところのミニチュアフィギアの羊。
鉄道模型などで使うミニチュアフィギュアのメーカーで、
結構リアルに作られている。
原宿のキディ○ンドあたりに行かなきゃだめかと思っていたのだが、
インターネット万歳。


すぐに購入して、配送してもらったら、
届いた午前中、先生から直ぐにお礼のメール。
1セットには18頭の羊が入っていた。
「草を食べているのが9頭いる」先生は数えたのだ。
並べていると、心が慰められると書いてあった。

そして午後には、それを使って作った作品の画像が添付されたメールが届いた。
グラウンドの板は綺麗な緑色に塗られていて、
1匹でいいとおっしゃっていたのに、作品には18匹全部が使われていた。
十字架にかけられたイエスに向かって、わらわらと集まっていくような感じ。
先生だけじゃなく、私もこの中に入っているのだなあと思う。


昨日再び、先生からメール。
「太宰の妻の映画がやっているという。一緒にどうかな」
先生が少しずつご自分の中の楽しい部分を思い出してきたようで嬉しい。
ご自分に楽しんでもいいという許可をすこしずつ与えているのが嬉しい。

そう、最後まで自分を許さないのは、他でもない自分なのだ。他者ではない。


2009-10-21

ふるい友達

友達が、緑内障と円形脱毛症の疑いがあるのだと言った。
それを並べて語るのに戸惑いを覚えるのは、
多分私が呪われたハゲの家系の末裔だから。


彼は今無職になった。
しばらく続けていた仕事が失敗したのだ。
今、奥方に食べさせてもらっている。
それがもしかしたらストレスなのかもしれない。

奥方に「よくこんな馬鹿と暮らしているな。離婚したら」と言ったら、
奥方は既に一度別の男性と離婚を経験しており、
離婚手続きの煩雑さと男にかかった費用を取り返したいので、離婚できないと答えたという。
あははは。
確かに離婚の手続きは1から10まで煩雑であるが、
今の彼からその元手を取り返す見込みはないのに、そんなことを言うのは、
奥方が彼を愛しているからだと想像する。

それよりも、「よくこんな馬鹿と暮らしているな」と言う男に少々腹が立つ。
それは卑怯だからだ。
己への不甲斐無さ、自己嫌悪、捨てられる恐怖を、わさとふざけて言葉にし、
奥方の心を探り、試している。
少なくとも、呪われたハゲの家系の末裔にはそう映る。
しかし、こちらで腹を立てるのも、理に適わない。
恐怖心を必死で隠そうとするのが自分に重なって腹立たしいのだ。

恐怖?なんの?
ハゲの恐怖に決まってんだろ。女と雖も、末裔なんだから。
ふふふ。


冗談はさておき。
年を重ねると、いろんなことがやっと少しだけ見えてくる。
若いころには輝いて見えたものが、思ったほど価値のあるものではなかったということや、
絶望にしか見えなかったものに光があることも(ええと、ハゲの光じゃなくて)。
絶望という言葉を軽々しく使うことが、どんなに愚かであるかということも、
簡単に使った希望と言う言葉がどれだけ大きかったかも。


あんなにウォーホールや、ジャスパー・ジョーンズが好きだった彼が、
長谷川利行について語り、
ジョン・レノンがイマジンを着想したのは白隠の書だったらしいとか、
そんな話をする。
先日会った、恩師と源氏物語に出てくる一つの言葉について30分以上話したことを伝えたら、
「源氏物語とはオレには最北。やるね」
興味の対象は変わっても、そんな言い回しは変わらない。
どんなに辛い状況でも、基本形を変えずにいられるのだから、まだ余裕。
いい奥方と結婚したじゃないと、思ったものの、
なんだか偉そうな感じがして、言わなかった。


2009-10-17

まだ茂りおり老木の蒼き緑の静かなること

昨日、学生時代からずっとお世話になっている版画の先生に会いに行ったのだった。

先生は昭和元年生まれで、今83歳である。亡くなった父よりも年上の方だ。
でも私が学生だったころよりも、少しだけちいさくなっただけで
思ったほど老け込んでいないと始めは思った。

先生のお宅は2人の息子さんのご家族と先生と3世帯が同居しているのだが、
先生のお宅だけ、玄関が別だった。
先生のお宅の玄関のドアには、
「鍵をしめる」「火の元注意」などの、先生の字ではない貼紙がたくさんしてあった。
トイレにも「終わったら流す」の貼紙。


始めにアトリエに通された。
意外なほど狭かった。絵やオブジェがぎっしりあるので。
先生は何も宗教をお持ちではないが、ウルトラマリンブルーの十字架を背負ったイエスの絵ばかりがあった。
よくあるやつれた顔ではなく、復活した後の穏やかな、頬もふっくらした顔ばかりだった。
「いやいや、最近はキリストでもおすがりしなきゃやってらんないなと思って。ほっほっほっ」

そのあと、直ぐにリビングに通された。
先生のリビングはこざっぱりとして、男の一人暮らしという感じだった。
奥様はずっと入院中なのだった。心を病んで。
義務ではないのに、
元旦でも、嵐でも、自宅から30分かけて、毎日自転車で病院に面会に行かれるという。
お会いしたのは、午前と午後の面会時間の隙間の2時間だった。


照り焼きハンバーガーを買っておいてくれてた。
それを先生はナイフで6等分くらいに切り分け、さらにそれを箸をつかって召し上がる。
「最近入れ歯があわなくて、何を食っても時間がかかるし、うまくないんだ」
そしてそのあと、グラスに氷を入れて、ウイスキーをいれ、冷やした水で割って飲んだ。
「君も飲むかね」
飲めないことを告げ、少々気の毒に思う一瞬。

そして先生は小さめの黒いソファに灰皿代わりのジャムの壜を持って、横たわった。
私のために窓を開けてくれた。


宮崎出身の芸術家なので、
よく宮崎から展覧会のお誘いがくるのだそうだ。
勿論招待で。
先生は最近それに飽き、誰か、新しい人たちと一緒にやるんならいいと答えたら、
それから宮崎から、無名の芸術家達が何人も先生をたずねてくるようになった。
「大体はアトリエで話をするんだ。どういう人たちかわからないんでね。
でもアトリエではゆっくりできないし、足も伸ばせないから疲れる。
リビングに人をあげたのは、君がはじめてだ」
心の中で感激の嵐。
先生は食事とアルコールのせいか、眠そうだった。
眠られてもいいと思っていたのだけど、
先生は話がしたかったらしい。
何しろ、ここ何年かは、病院といえとの往復だけで、
親しい人たちとはほとんど話をしていないとおっしゃった。
「友達も随分死んでしまったんだ」


玄関やトイレの貼紙と、ハンバーガーを6つにナイフで分けて、時間をかけて召し上がっているのをみて、
少し不安になったのだが、
やはり先生は芸術家なのだった。詩人でもある。
イエスについての話と、
詩についての話をいきいきと語り始めた。

先生には、自分は癒しの仕事を持っていることを伝えてある。
ヒーリングという言葉をご存知ないらくしく、
「それは祈りのようなものなのか?」と聞かれた。
祈りという言葉が先生らしい。
うまく伝えられたかどうか、わからない。
先生はイエスの絵を描いたりするのだが、
私のいる世界のことに関して、懐疑的だった。
その反応は馴れている。
誰だって、天使と話をするような人間がいたら、
それはどこかおかしいと思うだろうし、
私もわかっているので、あまり話さなかった。
でも最近はそれでも話すようになった。
それは私が少し強くなったからかもしれないし、
細かいことにこだわらなくなったからかもしれない。


最近いいと思われたという文章の載った雑誌を見せられる。
中に赤い線がびっしり引かれていた。
いちばんいいと思った女性詩人の文章にあったひとつの言葉について話した。


あっという間に時間になり、
お暇を告げると、再び、アトリエに通され、
どれか一つ持って行きなさいと、鳥のオブジェ群を指差された。
それはあまりにも恐縮してしまうので、一度は固辞したのだが、
先生はお構いなく
「うーん、そうだなこれなんかいいんじゃないかな」
と、茶色と黄色と白の色に塗られた、鷲を選んでくれた。
ありがたく頂戴してきた。
これは空き瓶などの口に入れて飾るようになっている。
高い梢より、風を受け、遠くを、しかしぼんやりではなく、集中してきりっと見つめる眼差しの鷲である。

サイン入りだった。
(不謹慎なことにお宝鑑定団がちらっとよぎる。でも勿論売らない)



リビングでくつろいでいるとき、
小さめの、十字架のイエスをかまぼこ板のような大きさの木に接着したものを見せながら、
「そうそう、これなんだけど、外国で買ってきたイエスの像なんだけど、
ここに羊をおきたいんだよ。探してくれないかね」
「何頭いるのですか」
「1匹でいいんだ」
「・・・先生、念のためにお聞きしますけど、羊がなんのことだかご存知ですよね」
「ああ、一般民衆のことだ」
「(失礼なことを聞いてしまったと大後悔)なのに1匹でいいんですか」
「ああ、何頭でもいいんだが、1匹でいいんだ」
帰りの電車で、それは先生なのだとやっと気付いたバカな教え子である。
先生の心は祈りでいっぱいなのだ。


2009-10-13

かっこいいということは その2

10/06にUPした記事に困ったじさまの話を書きましたが、
昨日、長拳の練習のとき、復活なさったM先生に、じさまの話をしましたら、
若い先生からお聞きになっていたようです。
わたくし達の前ではにこやかだった若先生も、M先生には珍しくこぼしていたご様子。

も~、みんな再び腹を立てて、たまたま昨日は別のおじさまが管理人でしたので、
それをいいことにぼろくそ言ってました。
ついついわたくしが「あの人、大事にされたことないんだなと思いました」といっちゃいましたら、
M先生、すごく笑った後で、
「でも命に関わるような酷い目には遭っていないと思いますよ。
だってそんな目に遭ったら、生きているだけで感謝しますから」
この人はそんな目に遭ったことがあるのかなーと、いつもにこやかなM先生を見ながら思いました。


わたくし?
わたくしは命に関わるようなことは何もないですけれど、
でも生きていることに感謝しています。
体があることに。体が動くことに。
そしていろんな人と出会えることに。

じさまとだって、どこかの次元で会っているから、今、会えるのです。
それを思って、じさまを悪く言うのはよそう。


・・・ええと、今日だけは。


2009-10-10

水色の長靴

先日、小雨の日、バス停まで歩いていたら、
前から、小学生1年生くらいの女の子がとことこ歩いてきて、
わたくしににっこり笑って「こんにちは」と言ってくれました。
全く知らない子です。
挨拶されたのが嬉しかったので、わたくしも笑いながら
「こんにちは」と言いました。
すると、その女の子は嬉しそうに
「これからおつかいに行くの」と自分の鞄をポンと叩きました。

黄色い傘に、先の丸い、水色の長靴を履いた子でした。


冷たい雨だったのですが、
温かくて優しい気持ちになりました。


2009-10-09

11月2日(月) 福岡でセッションいたします

11月2日(月) 福岡でセッションします

午後2時半から、夜まで。
1日だけですけれども、セッションを受け付けています。
場所は未病館(以前のindiBlueさん)http://indiblue-takashi.com/ 。
もしアデプトプログラムのご要望がありましたら、場所は変わりますが、
セッティングを考えますので、お早めにどうぞ。

申し込みはメールにて、何をなさりたいかもお伝えくださいませね。

で、わたくし、実は10/11より、携帯の電話番号とメールアドレスが変わります。
お客様には50音順に、直接お知らせしていきますが、それまで、お気をつけくださいませ。


関東では、昨日ひどい風の台風(雨はそんなにひどくなかったのですが)で、
いろんなものが飛ばされていました。
わたくしが住んでいるアパートの1階のお宅の物干し竿がわたくしのぼろいママチャリに
一撃を加え、ママチャリが倒れてしまうということも起きました。
物干し竿って恐いですよね。
人がいなくて本当によかった。

この現象を浄化だという見方もあります。
確かに台風後の空気はきれいですものね。
綺麗になった空気に、金木犀の香りが混じって、香ってきます。
秋が来ました。


2009-10-06

かっこいいということは

昨日は長拳の練習でした。
先生は風邪でダウンなさってて、若い、先生に成り立ての男性が急遽来てくださいました。
この若い先生、依頼されたのが家に帰る途中だったらしく、靴さえ持っていませんでした。
ここまでして教えに来てくれたのです。

さて、いつもやっているのは某S市のS中学校の武道場なんですけれども、
ここのおやじが、ボケナスなんですのよ。
ごめんなさい、わたくしとしたことがおじさまをボケナスオヤジだなんて、おほほ、
だってボケナスはボケナスだー!!!

いつもこのオヤジには、イライラっとさせられます。
このS中学校の武道場のトイレなど、とてもとても汚い。
埃やらも舞っているし、便器に掃除をしていないときにつく、グレイのラインもしっかり。
これを綺麗にするのは多分このオヤジの仕事だと思うのですよ?
でも武道場を使っている人たちには掃除しろとうるさい。
別にさぼっているわけではなく、本当にちゃんとしても、いつまでも掃除しろ掃除しろとうるさい。
時間に関しても、時間内に帰らないとものすごく嫌がる。
まあ時間オーバーは仕方が無いですね、怒られちゃっても。
でも、だからと言って、10分前にきて「そろそろ掃除を始めてください」と俺様目線でくるのは如何なものか。
感じが良かったら、それでも納得しなきゃと思うのですが、
全てけんか腰にくるわけですよ。

前にも、わたくしが30分前にきて、更衣室を開けてくれと言ったら、
まだ早いからあと25分待っててくれと、感じわるぅく言われたことがありました。
・・・・・・・

ここは毎回許可証を提出しなければならないのだそうです。
で、昨日は先生が風邪でどうしても来られなかったので、別の先生を呼んだのですが、
その先生に「許可証がないんだったら、ここ、空けてもらえませんかね?」
風邪で休んでる先生に連絡がつかないので、練習をやめろと言うのです。
でも風邪で寝込んでいるような人に、電話に出ろだなんて、
ひどくないでしょうか?
人には、『融通を利かす』という技が使えます。
では明日にでも、許可証は持ってきてくださいとか、できないものかなと思いました。
まあ、しばしばこの『融通が利かないところ』はあちこちにあり、
それはこちらが慣れるしかないのかもしれませんが・・・

わたくしは最近は滅多にプンスカしなかったのですが、
昨日はこのオヤジの振る舞いにちょっとムカムカしてしまったのです。おはずかしい。
このオヤジ、だれからも大事にされていないのかもしれないとヒーラーは思いました。

でも、話題にしたいのは、このボケナスオヤジではありません。

この若い先生は、生徒がみんなこのオヤジにぷりぷりしても、
絶対に一緒に悪口を言わないで、
声も荒らげないで、
ボケナスオヤジに、丁寧に対応して、練習できるように頼んでくださったのです。
あくまでもやわらかく。
彼は酔拳の名手です。
酔拳は、ジャッキー・チェンが映画でやりましたね。
コミカルな動きなので、ふざけているのかと思われることがありますが、
その逆で、あれは上級者じゃないとできません。
靴がなくても、跳躍は高いし、姿勢はぴっとしているし、
こんなボケナスオヤジなんて、も~、ハナクソ扱いに出来ちゃうような技の持ち主なんですけど、
当然のことながら、そんなことしません。893じゃないですからね。
そしてあくまでも紳士的に、オヤジに踊らされることなく、話をつけてくれたのです。
そして生徒のまえで、「大変だったよ~」とか、そんな愚痴も一切言わない。
何事も無かったかのように
「はい、お待たせして、申し訳ありません。どこまでしましたっけ?」


世の中には、年下の子どもにからかわれたり、悪口を言われたら、
2倍にも3倍にもして返し、コテンパンにしてしまう人もたくさんいますけど、
ボケナスオヤジと同格。
長拳の若い先生の態度をみて、本当に強い人って、こうなのだわと思いました。
わたくしはおじさまをボケナスオヤジと呼んだことを少し反省しようと思いました。


ええと、少しだけです。
2009-10-03

お絵かきワークやります★

たとえば、高いお金を出してヒーリングを受けても、
現実をうまくクリエイションしていかなければ、そのヒーリングを受ける前の状態に戻りやすいのです。
勿体無いと思いませんか?
クリエションは、あなたの思いとイマジネーションがつくります。
そのイマジネーション力を強化するのに、絵を描いてみませんか?
「でもー、私ー、絵なんか描けない・・・」なんておっしゃる方ならば余計、このワークを受講なさっていただきたいのです。
上手い下手は関係ありません。
誰でも絵が描けるし、
誰でも絵を描いたら、何かメッセージをもらっていることがおわかりいただけるでしょう。

いろんな方法で絵が描けることをご紹介します。
これはスケッチブック1冊を終わらせるまで続けられることをお薦めします。

絵を描いて、その中にあるメッセージを一緒に考えてみましょう。
全ての答えは自分のなかに。


エマージング アートワークス by Hacca-Box

●日時:2009.10.29 (木)、10.31 (土)
どちらも、午後1時半~4時半まで(両日参加も、どちらか1日参加でも、OKです)
●場所:北浦和カルタスホール(北浦和ターミナルビル3F)
29日は第3会議室、31日は第4会議室
●アクセス:最寄り駅はJR京浜東北線 北浦和駅 東口より徒歩2分
詳細→http://kitaurawa-terminal-bldg.com/html/access.html
車でいらっしゃるときにはご連絡ください。90分のサービス券が3枚まで発行できます。
●料金:3000円(変更することがあります)
※初回のみ、スケッチブック代1000円以内(実費)、ジェネシスカード代金3150円を別途
ご請求させていただきます。
●持ち物:体ひとつでいらしてください。画材、エプロンなど、こちらでご用意させていただきます。


※エマージンク(emerging)とは、隠れているものが、顔を出すという意味です。
投資用語でもあり、台頭しはじめたとか、経済発展の初期段階にあるという意味があるのだとか。
あなたの中の、イマジネーションをもっと豊かにしませんか。


どんな風にするのかというと。
たとえば、こんなやり方。

絵を描く前に一枚カードを引いて、裏返しにしておきます。
そのときそのときのテーマによって、自由に描き、絵のバランスや、嫌いなところなどを直しながら完成させます。
そして出来あがったら、カードを表にしてみます。
そこにシンクロした色やフォルム、構図はありませんか?
それが鍵になります。
なんの問題なのかは、絵を描き始める前につくるチャートで見ます。

手の絵


画像は、わたくしの直感アートの絵です。
この絵を描いたときにひいたカードはこんな手のカードでした。

hand-card.jpg


同じ手の部分がわたくしの絵の中にあります。しかも赤い色の上に。
このカードは、あらかじめ作ったチャートでは、ヒーラーというカテゴリーにありました。
つまり、この絵を描いたことで見えてくるものは、
ヒーラーという仕事に関して、わたくしは少し迷っていたのですが、
迷うことは無いのだと改めて判りました。
ヒーリングで使う手が鍵なのは、きっと、もっと使えということだと思ったのです。
赤という色も鍵ですね。

これは人から判断されることではなく、
自分で判断することです。
どんなことがシンクロするか、楽しみにしていてください。

平日と、土曜日か日曜日の、月2回は開催します。
リラックスして楽しく一緒に絵を描きましょう。

用意するものがありますので、お申し込みはなるべくお早めに。
メールでお願いします。
プロフィール

Etsuko*

Author:Etsuko*
――――――――――――――
お問い合わせはこちら
haccabox☆live.jp (☆を@に変えてくださいませ)
――――――――――――――
◆札幌出身 埼玉県南部在住
◆女性
◆職業:MMS JAPANガイド
ヒーラー・チャネラー
直傳霊氣療法士
イラストレーター
ジュエリーデザイナー

◆好きな食べ物:
フルーツ フルーツ フルーツ
◆好きなスポーツ:
太極拳
◆好きな音楽:
TRICERATOPS、Bonnie Pink、
PINK、溝口肇、Chen Min
他たくさん

◆◆アデプトプログラム◆◆
2日間 料金¥55000
光溢れる人生を!
※個別対応・日程相談・出張可
※恐縮ですが、出張の場合、交通費を申し受けます。
※埼玉県、東京都、福岡県、熊本県などで開催しています。

◆◆Light◆◆
●DNAアクティベーション
・・・¥15000
波導水スパジェリック付
新しい自分に出会うために ! スピリチュアルなスイッチをまず押しましょう★
アンチエイジングにもおすすめです!

●大天使サブラエルのヒーリング&チャネリング・・・
フルセッション1時間/¥18000
あなたに今一番必要なヒーリングと、一番必要なメッセージを
わたくしのチャネリングコントラクトのある、
光と闇のバランスをとる大天使サブラエルからもらいます
2回目からは15000円

●コダンリーディング
60分15000円
DNAに刻まれている情報をリーディングします。
持って生まれてきた才能や、魂が決めてきた方向性、エマネーションの情報、人間関係の契約、マインドのギフトなど、自分自身についてたくさんの情報をリーディングいたします。

※注 このセッションをご希望の方は事前にDNAアクティベーションをお受けください。このセッションは他のセッションと組み合わせて受ける事ができません。
尚、その時に必要な情報・許可が出た情報を読みますので、何回でもお受けになることができますが、ご質問についてのリーディングは出来ません。あらかじめご了承下さい。

●ホーリーブラッドヒーリング&リーディング・・・1時間 15000円
あなたの中の聖なる血を甦らせて、活力を与えます。
聖なる情報もリーディングしてお伝えします。

●ラー・プロテクション・リチュアル・・・カウンセリング込み 1時間半 15000円
これは少しエクソシズムに似ています。
でも普通のエクソシズムよりも多くのプロテクションをもたらします
エネルギーに敏感で、影響を受けやすい方、
ご自分のプロテクションがうまく行かない方などに

●クライスト・レイ・インフュージョン・・・約30分¥10000
お客様の苦しみを抜き取り、引き受け、昇華させるメソッドです。
カウンセリングしたあと、後ろから10~15分ほどハグをします。
簡単なことをしているようにみえますが、すごいエネルギーが流れます。

●アバンダンティア・アバンダンス・レイ アチューンメント・・・40分¥15000
アバンダンスとは豊かさのことです
人は誰でも豊かになる必要があります
美しいアバンダンティアからアバンダンスのサポートを貰います

当日キャンセルの場合は、100%お支払いいただきます。
3日前~前日まででしたら、80%
一週間前まででしたら、50%を申し受けます。
ただし、地方出張の場合は、既に航空券を購入している場合がございます。
その時にはセッション料のほかに、交通費のみ100%お支払いいただきます。


●天然石アクセサリーセッション
・・・3~5時間 ¥25000より
お好きな天然石を選んでいただき、その場でアクセサリーをつくるセッションです。お客様はリラックスなさって、絵本や図鑑などをご覧になったり、おしゃべりなどして、ゆったりとお過ごしいただきます。


●カウンセリング
・・・1時間 1万円
何をしたらいいのか、全く判らない。何に悩んでいるのかも判らないというようなときがあります。
そんなときはとりあえずお喋りしてみましょう。
勿論こちらではいろんな存在のエネルギーをお流ししながら、お話を聞かせていただきます。
ご自分に価値がないと思いこんでいらっしゃる方は先にカウンセリングを受けられることをおすすめします。



◆◆ヒーリング◆◆
●直傳靈氣・・・10分¥1000(20分から開始)
体の調子を整えます。遠隔もできます

●イシス・ヒーリング ・・・¥10000
古いエネルギーを壊して、新しいエネルギーを再構築します
頭が軽くなりますよ

メンテナンスに最強です。
ただし、イシスヒーリングは3ヶ月に1回がオススメです。

●イシスヒーリング2
・・・1時間 ¥15000
ポジティヴな思考と、より多くの情熱、活力を与え、生活により多くの豊かさをもたらします。
また会いのエネルギーに明晰さが加味され、愛する人がより見つけ易く、パートナーのいいところがより明確に見えるようになります。
※イシスヒーリング1を受けた後、1ヶ月後以降から受けられます。
※遠隔もできます。

●ザ・コア 阿蘇山ポイント ヒーリング・・・1時間 10000円(カウンセリング込み)

最もピュアなとき、それは生まれた瞬間です。
もう一度、その時の状態を体験してみませんか。
恐れや、不安は、経験から生まれるものです。
それがどれだけ楽しく生きる邪魔をしているか、考えたことはありますでしょうか。

●エンソフィックレイ・ヒーリング・・・全3回
¥35000(一括) 1回分及び分割 ¥15000 
※神がわたしたちに与えた青写真に基づいて、ずれてしまった部分をなおすという、とてもパワフルなヒーリング
本来の自分に戻るサポートをします。
出来れば3ヶ月後にもう一度お受けになることをお薦めします

●エンソフィックレイ・リダイレクション・・・¥15000
大嫌いな自分から、大好きな自分へ変わりましょう
とてもパワフルで、気持ちのいいヒーリングです

●スパーク オブ ライフヒーリング・・・¥20000
ストレスを軽減し、安らぎと安心、そして望ましい変化をサポートします(遠隔のみ)

●神聖幾何学5ヒーリング
・・・1時間 ¥17000
オーラに神聖な幾何学模様を書き込み、スピリットとソウルと肉体をおつなげします。
すっきりするヒーリングです。

●エンジェルライト・ヒーリング・・・1時間 10000円
天使の翼の内部にある光で、あなたのオーラにある不要なものを一掃します。

●ギビング・スピリット・インフュージョン・・・30~40分 10000円
究極の愛と光をそそぐ強力な儀式です
自分のことが好きになれない方、エネルギーの状態が低くて、気分が最低な毎日を送っていらっしゃる方、
否定的な考えしか浮かばない方などに
また、パワーUPとスピリチュアルな進化を促進させるために、是非☆


●お任せセッション
3時間3万円
何を受けたらいいのか、判らない。でもカウンセリングだけじゃ物足りない・・・という方には、こちらで最適と思われるものを2~3点チョイスしてヒーリングをさせていただきます。
お得です。



こちらにshopも細々と開いております。
少しずつ商品を増やしていきますので、気長にお待ちくださいませ。
http://haccabox.cart.fc2.com/

カテゴリー
最近の記事
フリーエリア
blogram投票ボタン
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。