FC2ブログ
2008-07-29

*毎年毎年

今年も7/26に新年が始まりました。
マヤ暦の新年ですけれども。
みなさん、あけましておめでとうございます。


新年といえば、年賀状。
年賀状はマヤ暦の新年にはだしませんね。だせばいいのにね。
グレゴリオ暦の11月頃、毎年毎年「今年も年賀状の図案を考えなくちゃ」と言い始め、
結局いつもグレゴリオ暦の12月下旬になったり、1月にかかったりして作ります。
本当に「今年こそはっ!」とグーを握るのも毎年毎年。
実際に考え始めるのはいつも年末ギリギリになってからというのも毎年毎年。
「あっ、また年賀状用のくじつき切手を買うのを忘れたわ」とつぶやくのも毎年毎年。

わたくし、あまり知られていませんが、一応イラストレータなんです。
だから作品作りにはちゃんと対峙して、それなりのものを作りたいといつも思うのに、
のに、のに、のに・・・・・・・・・・・

とても立派なプリントごっこを持ってるわりに、ちゃんと使うのが年賀状だけというのも情けなや。
プリントごっこは、シルクスクリーンと同じ構造。
紙など選んでちゃんと使えばりっぱな作品が作れます。
PCでお手軽に作られる年賀状が多い中、いまや貴重ですからね。
ちゃんと使いこなさないと、もったいないです。
と、言いつつ、この2~3年、わたくしもPCで作っている・・・。
もうイラストレータの看板は朽ち始めているんじゃないの


年賀状に限って、わたくし、完全に見返りを求めます。
滅多に見返りは求めないのですが(ホントウ)、年賀状だけは別。
だって楽しいんだものね。入魂のは勿論最高だし、
入魂じゃないのも、それなりにいいの。
適当加減にその方がちらり見え隠れしますから。
だってどうしてこの絵のついたはがきを選んだかとかさ。

3月になってお返事をくださったかわいこちゃんもいました。
でもそんなだと、かえってあげるのが「悪いかな」・・・とも思ってしまうのです。
だって、重荷にさせているからね。
あ、その3月にくれた方は別におねだりしてませんでした。
私が勝手に送り付けちゃったんでした。
でもでも私は年賀状に限っては完全に見返りを求めるのっ。
くれくれっておねだりだけじゃダメっ(←なんてやつだ)。


・・・っていうか、もしかして、「変なの送ったら悪いの?」とか思っているのかしら、
みなさん。
だってたまに「自分は絵がかけなくてごめんなさい」とか
「つまらない年賀状でごめんなさい」とか書いてる人が何人もいるのです。
心配ご無用。
下さるだけでとても喜びます。えさもよく食べます。眠ってるときはいたずらしないこと。
共食いはしないし、非常に飼い易いと思いきや、性格が凶暴なので注意が必要。



ずいぶん前ですけれど、酉年に煙草のピースのパッケージを板に深く掘り、
紙をその上からこすりつけて、型押しみたいにした年がありました。
(エッチングでやれよって?印刷機もってないんだにょろ~)
煙草のピースのパッケージには白い鳩が描かれていますからね。
今は違うのかな?同じ?
全く吸いませんが、そしてなくなればいいのにとも思っていますが、
煙草のパッケージって、いいデザインがあります。牛乳パックより数段上。
牛乳パックでナイスデザイン☆というのをあまり見たことがありません。



偉そうに書いてますが、
別にわたくしの年賀状など、どってことないんです。
ないんですけど、こんなことが。

ある年の秋、伯母(義父の姉にあたる)の病状が思わしくなく、
もう長くないかもしれないという話で、家族でお見舞いに行きました。
夫は小さい頃から馴染みがありますが、私など初めてお目にかかったのです。
私達の結婚式にも体調が悪くて息子さんがいらしたくらいでした。
でも伯母は、なんと私のお出しした年賀状を覚えていてくださいました。
何なのかわからなかったという人さえいた化石の絵でした。
「あれはとてもよかった。あれ、アンモナイトでしょ・・・。弟(義父のこと)も自慢していたけど、
私もとてもいいと思ったの。今年はどんなのにするの。毎年楽しみにしているのよ」

私は絵を褒められると言うことがこんなに嬉しかったことは今までにありませんでした。
実はある大天使にも指摘されましたが、
私、褒められてもすぐ自分でけなしちゃう。いい気になってんなよって。
照れ、というより、なんというのか、もっといいのを知ってると思ってて。
自分はそれに全然届いてないと思ってて、それってすっげー傲慢ですけれども、
自分を認めてあげるという行為がほとほと苦手なのです。

でも会ったこともない80歳も過ぎた伯母が、私の名前と私の絵を違えず覚えてくれていて、
しかも楽しみにしていると言ってくれたのは、今でもじーんとくるのです。

伯母は亡くなりましたけれど、会えて本当によかった。

アンモナイト年賀状





今年はグレゴリオ暦の4月下旬に弟が地球を出発したので、喪中。
グレゴリオ暦の来年の年賀状はありません。
父が亡くなったときにも年賀状は出していた私でしたが(だってそのくらい年賀状が好きだったので)、
今年はいろいろおもうところがあり、
年賀状はお出ししません。
この暑い7月に何故そんなことを言い出したかと言うと、
マヤ暦では新年だから。
スポンサーサイト



2008-07-26

*甲子園とオリンピック

夏はいつもついつい高校野球を見てしまいます、
2004年は高校野球、初の北海道勢の優勝で、
札幌中が燃えてました。めらめら。
自分の出身の高校でもないのに、これだけ盛り上がるっておもしろいですよね。
私なんて北海道からでて何年も経つのに、
未だに北海道勢を応援しているのです。
そのくらい深紅の優勝旗が津軽海峡を渡るなんてあり得ないと思われていたのです。
北の人間は冬の厳しさを知っています。
あんなんで練習なんてできないべや。
そんな思いが北海道民を熱くさせた理由のひとつでしょうか。
今年はどうかしら。


ではオリンピック。
なぜ同じ国民であるというだけで嬉しいのでしょう。
どこの国の人であっても、オリンピックで見られる技はすばらしいのです。
それだけでもうじーん・・・としてしまうのに、
なぜ日本人がでるとやはり嬉しいのでしょうか。
メダルがたくさん獲れた年には、本当にチョー気持ちいいと思ってしまう。
日本人が肉体的に、白色人種や黒色人種に比べて不利であるとわかっているから、
余計に嬉しいのでしょうか。


これは、郷土愛、愛国心と呼ぶものなの?
私にはよくわからない。
北海道のチームが活躍していると嬉しいのも、
日本の選手ががんばっていると嬉しいのも、
別にごまかした感情ではありません。
なぜこんな風に思っているのか、不思議です。

以前「愛国心」という言葉が間違った方法で利用された時代があったので、
それを簡単に使うのを躊躇してしまうのです。
そのために「いや、愛国心じゃないやい」と言いたくなったりします。
でももしかして愛国心に近いものなのかもよ。


そもそももそもそ
愛国心っていうのがよくわからないですね。
わからないのに、便利だから使っているだけだなんて、
しょうがないな、オレも。

ただ、先ほども書きましたが、
同じ気候の厳しさや豊かさを知っているとか、
同じ文化であるとか、
そういうのが嬉しいだけなんです。
嬉しい「だけ」って書きましたけれど、その嬉しさは異郷で出会うと、
溶けちゃいそうなくらいの嬉しさなのです。
その気持ちが発達すると、差別を生むのでしょうか?
それはまた別の問題だとは思うのですが。


でもあんまり応援して、プレッシャーを与えてしまうのも考えものだと言う人がいます。
それもわかるのです。
なのに「がんばれ」って言っちゃう。
あんなとき、「がんばれ」しか言葉がありません。
「今の状況を楽しんでね~。味わってね~」なんて、
今まさに走っているマラソン選手に言えますかってんだ。
どうしても感情移入してしまう。
やあね、選手に自分の気持ちを乗せちゃうのね。
選手はさぞ重いだろうと思います。
思いとは、そういうものですから。


随分前ですが、わが母校も甲子園に出たことが1度だけあります。
TVの前で泣いていました。
だって特に優秀な選手を集めた私立高校ではなく、
卒業後、6割方教育大に行っちゃうような、普通の公立の高校なのです。
それが甲子園にいっちゃったなんて、すっげー奇跡だと勝手に思っちゃって、
こんな奇跡をありがとうなんて、何度もTVに手を振ったりして、
バカじゃないのって冷静に思う自分もいるのですけど、
うるさいやい。すっこんでれ。
私が在籍中も結構いいところまで行き、
授業そっちのけで全校で応援に行ったものです。
あの暑かった日が、ぱぁぁぁぁぁっと浮かんで、また泣きます。
好きなようにさせてくれ。お願いだ、頼むって。
びゃーびゃー(←汚く泣く音)。

しょうがねぇなあ


愚かである。
全く愚かであるとわかってて、やめない自分がいます。
だって嬉しいと思える限りは嬉しいと思いたいので。



自分は全く参加していないのに、
参加したつもりになって、真っ白な灰になったつもりの夏でした。



ところで。
今年の甲子園優勝のメダル授与のとき、ひとりひとり映るでしょ、画面に。
今時の高校生、野球部といへども、
「眉毛をいじっていない男の子はいない」のは定説ですか?
董がたったような女が何を言っても、対して大局に影響なしと思って勝手に言いますが、
そう、彼らには、ガールフレンドになってくれる同世代の女子高生の意見こそ大事で、
お姉さんの好みなど、ペットボトルのフタ以下のものでしかないとわかってて言ってますが、
お姉さんは眉毛をいじらない君が好き。

ついでに髪を茶色く染めるおじ様より、黒く染めるおじ様のほうが好き。

でも人がやりたいことに いちゃもんをつけるのは、
やってはいけないことなので、もう自粛します。
2008-07-25

*再び お知らせ

8/16(土)千葉すぴこんに出展します

詳細はこちら→http://chiba.spicon.org/index.html
招待券があります。
わたくしのセッションをご予約いただいた方にお送りしますので、
お早めにお知らせください。
200円引きになるチラシもございます。
お隣の県、千葉のみなさん、よろしくお願いします。


実は弟の初盆を兼ねて、8/5~8/14まで札幌に行きます。
帰ってくるのは14日の深夜。
1日調整して、16日がすぴこんですが、
ファイトだ、わたくし
2008-07-23

*お知らせ

8/3(日)神戸すぴこんに出展します

詳細はこちら→http://kobe.spicon.org/index.html

非常に非情に暑い夏ですが、皆様如何お過ごしですか。
越谷の暑さはもう人の住むところじゃないレベルです。
今日もぼろ雑巾のように成り果てながらかろうじて生かされています。
汗疹できたなくなった肌と、暑さで朦朧としているむくんだ顔 !
いかん。いかんいかん。女神がこんなことではいけません。

というわけで、神戸では、もっと涼しげなわたくしで参ります。
神戸のみなさま、よろしくお願いします。
もう日がありませんが、まだ招待券が残っています。
わたくしのセッションをご予約くださった方に差し上げますので、
お早めにおっしゃってください。
2008-07-20

*伽羅の前後

ところで仏具屋さんに行くとき、私のママチャリの前を二人の中学生の自転車が横に並んで走ってました。
どうやら塾帰りか、これから塾に行くかのどちらか。
ある交差点で急に車が出てきて、ちょっと危なかったのですが、
彼らのうちの1人が車を避けざま「ばかやろう、事故っちまえ」と叫びました。
そして少し走ったところで同じ子が「くっそー!何もかもめちゃくちゃにしたいぜっ!」
テストの点でも悪かったのかな。それとも疲れていたのかも。
でも私は早く先に進みたかった。
縦に並んでくれるといいのになと思いながらも
さっき車や空(くう)をののしっていた子を見ていたので、
彼らの後ろからちりんちりんなんてやりたくなかったのです。
きっと気に障るでしょうから。
(でも私はこんなときいつも控えめにちりんと鳴らした後、
通り過ぎるときにありがとうございますと声をかけます)
すると、叫んでいないほうが私に気付いてくれ、縦に並ぼうと減速したのです。
ああ、ありがとうと思いながら先に出ようとしたら、
叫んだほうが何故か同じように減速して、叫んでいないほうと並ぼうとしたので、
ちょっとぶつかりそうになってしまいました。
ぶつからずに済みましたけど、すれ違いざま「ごめんね」と声をかけましたら、
叫んだほう(だと思います)が「許さないー」と言うのです。あはは。


私は「許さないー」といわれたので、
「あら、許して欲しいわー」と言い残しました。

彼らを抜きさって、仏具屋さんにつき、
ママチャリを停めて鍵をかけているところにさっきの彼らがやってきました。
彼らのうちの、多分叫んだほうが、やっぱり叫んでいきました。
「絶対ゆるさないからー」
あはははははは。
絶対だな。


でも彼の声は、車や空をののしった声とは明らかに違っていました。
私の声に合わせたつもりか、少しふざけてトーンを高くして。
紙芝居を読むおじいさんが、女の子の声を出すときみたいに。
それで私をからかったつもりかい。
私はもう少しいい声だとうぬぼれているんだけど♪

元気だせよ。心の元気。ゆっくりでいいんだ。

そして私はその直後、伽羅の値段にぶちのめされて、
心の元気がちっとも出ませんよーだ。
はぅぅぅぅぅぅ。


伽羅の値段を知った後に彼らに会ったら、私は彼らを罵っていたかもと思いました。
えへへえへへえへへ。
2008-07-14

*伽羅の香り

夜来香←イェイライシャンと読むらしい。そういう花もあるのですが、
これ、月読(つくよみ)の香りだそうです。
甘くてセクシーな感じがしました。

月読は言うまでもなく日本の神様。
男か女かわからないくらい美しい神様だそうです。
眉毛ないらしいんだけど(いわゆる平安朝?)、それでもとっても美しいんだって。

ずいぶん前ですが、その月読のワークショップに行ったことがあります。


ご存知ない方のために。
天照は二人の弟(←一応弟と言われていることが多いので、弟にしちゃいました)がいます。
ひとりは須佐之男(スサノオ)、そしてもうひとりはこの月読。
ある日、天照は月読を保食神(ウケモチノカミ)、別名大月姫のところへ使いにやりました。
この大月姫は食物を司る神で、大変サービス精神にあふれている神様。
高天原から訪ねてきた高貴な神様を喜んだ大月姫は、最高のもてなしをしようと
自分の鼻や口からさてはお尻からも食べ物を出して調理をして豪勢に机の上に盛り上げたのです。
ところがそれを見た月読は
「そんな汚いものを出すとは何事」と、大月姫を斬ってしまいました。
天照はこのことをたいそう怒り、
「お前の顔は見たくない」と一日一夜はなれて暮らすようになったのだとか。

でも神様の世界のお話ですから続きがあって、
殺された大月姫の体から、次々に作物や家畜などが生まれました。
頭頂から牛馬、額に粟、眉の上に蚕、目の中に稗、腹の中に稲、陰部には大豆・小豆というように。
月読はこうして死と再生に関わるようになりました。


月読を呼ぶと、ガブリエル並に温度が下がるそうです。
天照は逆。暑くなってしまうのね。
ちなみにガブリエルの香りは硫黄に似ているそうです。
死の天使になんだか合ってます。

月読に宛てて、ワークショップの参加者はお願い事を書きました。
それに沿った(あるいは沿ってない)アドバイスとして、
その人のパワーが一番高まる月齢と
その時にする、その人に合ったワークなどを教えてくれました。
この人には水蓮の香りが良いとか、この人には外国のある花とつながりがあるとか、
そういうのもありました。

私は月齢11のときに頭の中が開くそうなので、
伽羅という香を焚いて、ノートに思いついたことを書き込みなさいというアドバイス。
伽羅と聞き、ついモックンとややこさんのお嬢さんの名前だなぁと思った私は俗すぎですか。俗すぎです。


月読は「現代に生きるものは気の毒である。コンクリートに囲まれて、
自然があまりにも少ない。私はそんなところには住めない。
もっと自然と調和することを考えたほうが良い」と言ってたそうです。
夜の世界を管理する神様は、自然をこよなく慈しんでいるのですね。


そうそう、わたくしね、月読に
「彼女は自分の本質に気付き始めている」と言ってもらったのです。
でも私の本質だなんて、気付き始めているだなんて、全然わからないんですけど(半べそ)。




でね。後日近所の仏具店に行ってみたの。
「伽羅はありますか」と私が言ったときの店主の顔ったら、ホントカヨっていう顔なのよ。
「・・・ありますけれども、高いですよ」
「はい。知っていますが、実物を見たことが無いので」
フフフ・・・と店主は奥に入り、木の箱に入った伽羅を持ってきてくれました。

「はい、これが伽羅。消費税込みで10万5千円」


月読命(ツクヨミノミコト)~(T-T)。
私「(多分鳩が豆鉄砲喰らったというのがぴったりな顔で無言)」
店主「いいですよ、香りだけかいで御覧なさい」
私「い、いいんですか」
店主「どうぞ」

火をつけて無くても、とてもよい香りでした。
あの箱だと1本あたり200円だそうです。
1万円分に分けたものになると、1本250円なり。
5本でえーとえーと、1250円です。
(し、消費税込みで1312.5円よ。0.5円はどうするのよ。
きっと腹黒いから1500円だわね←あそこまで親切に教えてくれた仏具屋さんを・・・・。
えっ、だってねだってね、伽羅ね、3枚の薄紙で包まれてたの。
おじさんったら、2枚しまでしか開けてくれなかったのよ。
香りをかいでごらんって言いながら、本体は見せてくれなかったのよ。
何色かさえわからなかったのよ。
きっとトンチンカンにはもったいなかったのよ。そうだわ、そうに違いない←妄想中)

でも伽羅は貴重なのでそんなバラ売りなんてしないそうです。
ネットで伽羅大観とか言うのが5~6千円で売られていましたが、
純粋な伽羅の香りじゃないそうです。


全く、店主がホントカヨって顔をなさったのも頷けます。
こんなちゃらちゃらして、買い物袋から長ネギだしたわけわかんないのが
「伽羅はありますか」なんて、恥ずかしいよ、おいら。
くそー。あ、それ下さるとか澄まして言ったらもっとびっくりさせられたのにな。
そんなサービスには資金不足♪

全くね。
神様にはものの値段なんて下賎な話、関係ないわよね
も、持ち合わせがなかったのよ、たまたまっ。ふーんだ。


ちょっと疑問に思ったことですけれど、
夜来香って、日本の花じゃないんだよね。
なのに日本の神様の香りって、なんでだろう?
夜のものだからかな?
2008-07-12

*梨泥棒 柿泥棒

「実が生る」という現象はこの上なく素敵です。
小学生の頃、通学路沿いにあった、ピアノ教室の庭になってた梨も、
よく遊んだ野原になってたグスベリも、ほんのり甘酸っぱくて、ジューシーでした。
そして更に素敵だったのは「盗む」という行為。

あの時食べた梨もグスベリも、もしかしたらたいしておいしくなかったのかもしれないんだけれど、
梨はちょっと失敬してしまったことが、
グスベリは野生であるということが、
「気分を盛り上げて」おいしかったのです。
何かははっきりわからないけれど。
だってわくわくしたんだもん。

だからってよい子のみんな、万引きなんかはしないでおこうぜ。
泥棒もね。置き引きもね。
(右手人差し指たてつつ、右目ウィンク)


この時の小さい梨泥棒は3人いまして、
その中にはいまだにわたくしの誕生日にメールをくれるYちゃんがいました。
Yちゃんは二人の男の子のお母さん。
そのYちゃんから、わたくしの誕生日ではないある秋の日にメールがきました。
下の息子さん(当時小3)が友達と近所の柿を盗んだと『通報』されたのだそうです。
梨泥棒だった私はびっくりしました。
通報?

勿論人のものを盗むという行為は褒められた行為ではありません。
文房具屋さんで105円の消しゴムを盗むのと、なっている柿を盗むのと、
「盗む」という行為において何も変らない。
だから通報した人を批難するのは間違っているような気がします。
でも小学生を『通報』する前にできることはなかったのでしょうか。
例えば「柿の木の枝はやわらかいから、登ったら危ないよ」とか
「行儀が悪いから座って食べろ」とか、
見ていることをアピールしていたら、どうだったでしょう。
それとも小学生はそんなに何回も何回も泥棒行為を重ねていたのでしょうか。
人によって大事なものは違いますから、簡単には言えないけれど、
よほど大事な柿だったんでしょうか。

もしかしたら、その人も小さい頃ほんの出来心で通学時に柿を盗んだりして
通報されちゃったことがある人なのかもしれないね。

「こんなこと言える立場じゃないんだけど、私は今、そんな(泥棒の)経験の全く無い母親にはならず、
本当に良かったと心から思います。
あの時、一緒に梨泥棒(笑)の体験が出来たえっちゃんとSちゃんに感謝だよ(^∇^)/」

Yちゃんは、そうメールに書いてきました。
解決したそうですが、どんな形での解決なのかは聞きませんでした。
でもYちゃんは小学3年生の息子をきっと優しくhugして、笑いかけたと思います。
Yちゃんはそういう人。
そして私の梨泥棒の相棒。


あのピアノ教室の経営者は、自分の庭の梨が盗まれているのに気付いていたかな。
それとも気付かないふりをしてくれていたのかな。
私だって通報されても仕方が無かったのに。


そう考えると、やっぱりあの梨は小さかったけど、ジューシーで甘くて、とてもおいしかった。
そんな体験をさせてくれたピアノ教室の庭と経営者にも私は感謝します。



でも良い子のみんな、やっぱり盗みは良くないぜ(>_<)(←両目ウィンク)
2008-07-10

*わたくしの教師

昨日娘が右足だけ汚して帰ってきました。
靴に泥水が入っていたそうです。
プール学習があったのですが、たまたま入っちゃったというような感じではなく、
娘の右の靴にだけ、なみなみに注がれたように泥水が入っていたというのです。

すわ、いじめか嫌がらせかと騒ぐ前に、娘の対応が素晴らしかった。
「靴を洗わなきゃならないなーと思ってたんだよね」
「洗ったらきれいになったよ、ほらー☆」

夫はそれを見ていて、どこか痛んだらしく、
「明日までに乾かないと困るから」と、娘と一緒に靴を買いに行きました。
通学用の靴は1足しかなかったのでちょうど良かった。
(なぜ1足しかなかったかというと、入学時に2足用意してたのに、
1足は全く履かないまま足が大きくなっちゃったというのがあり、
娘の足がどんなスピードで、どこまで大きくなるかわからないというのがあったからです)


娘と部活が一緒の仲良しの友達が最近いじめられているらしく、
机の上に毛虫がおかれていたり、無視されたり、いろいろ嫌な事が重なって、
とうとう部活のとき、泣いてしまったのだとか。
娘は心配して、一緒にいてあげたと言いましたが、こうも言うのです。
「でも○○ちゃんは前に他の人を無視したりしていた。
自分のやったことが返ってきたんだよね。
私の靴の泥水も、覚えはないけど、私が何かしたから返ってきたんだよね。
だから過剰に反応しないようにしようと思うんだ。
靴は綺麗になったし、新しい靴も買ってもらえたし」


娘よ。あなたは前から強かった。
あなたはとてもハッピーな子だけど、それは自分で設定したんだよ。
夫は娘の様子を見て、「なめられるからへらへらするな」と言いました。
夫には娘の強さが見えないのです。


「でも靴がぬれると迷惑だから一応先生には言っておいたほうがいいよ」
と言いましたら、
「そうだね、言っとく」と答えてましたけど、
言ったかしら。

娘の強さは、レンガのようにもろいものではなく、
柳のようにしなやかなのです。
もちろん影でこっそり我慢しているのもわたくしは知っています。
でも娘はうんと前向きです。
わたくしが世界一信用しているひとりです。
2008-07-09

*世界の中心で、愛を叫ぶ、のね

2004年にやっていたTVドラマを毎週楽しみにしていました。
舞台が伊豆かどこかの松崎でしたっけ。
ここの風景がとってもきれい。

主演の山田孝之くんと綾瀬はるかさんが良かったです。
おじいちゃん役の仲代達也さんはやっぱりすごくいいし、
朔太郎の周りにいる友達の子たちもいいなあ。
主人公たちの両親もいい感じ。
正直に言うと、映画よりも長い時間を使えたせいか、丁寧でうんと良かった。


「世界の中心ってどこ?」って聞く人はどこにでも必ずひとりかふたりいます。
本当にどこかに矢印で「ここだよ~ん」と示してあれば見たいですけれど♪
原作を読んでいませんが、あれは自分の中じゃないのかな。
友達は世界の中心とは「愛し合う自分たちのいる空間、充実したこの瞬間」と言ってました。
一人の中なのか、ふたりで作る中心なのか、
作者の言いたいことはまだわかりませけれど、
でも地図にある場所じゃないですよね。
(ちなみにそのタイトルは作者が考えたものではなく、編集者さんだったそうですね)

それは自己中心的というのとは違います。

いわゆる「自己中」と「自分の中心に自分がいる」ということは全く意味が違います。
前者は視界が拓けており、後者は何も見えていません。
そして前者が自分を受け入れていますが、
後者は自分を受け入れられません。
精神世界では自分の中心に自分をもってくることを「センタリング」と言います。


センタリングのお話は一言で言うのは難しい。
たとえ説明できても、それを実践するのが難しい。
特に日本人には。
そのお話は、11/30の福岡すぴこんで、スペシャルプログラムでお話させていただくことになっています。
(うまく話せるでしょうか。心配だ~)



朔太郎の友達の大木龍之介くんが個人的にとてもお気に入りでした。
(関係ないけれど、彼、田中幸太朗くんは去年「爆竜戦隊アバレジャー」で冷酷な敵役だったそうですね。
「ごくせん」にも出演していたそうですが、全然覚えていません)
ある回で、クラスメートに彼女の唇を奪われてションボリしている朔太郎に突然キスをして、
「こんなの、どうってことないじゃないか」と励ましていましたね。
彼の役はなかなかいいです。
あの飄々とした龍之介くんが電車の中でぼろぼろに泣いちゃってる時があり、
私も一緒に泣きました(ホントウ)。


懐かしい。ただただ懐かしいという感情が
松崎の風景の間中、自分のなかに押し寄せます。
トシをとったってことかしら。おだまり。

でも本当に懐かしいのです。
こんなふうにぎこちなかったなぁとか(今もぎこちないが)、
こんなふうに空回りしていたなぁとか(今も空回り・・・・・)、
こんなふうにみっともなかったなぁとか(今も・・・・・・)、
でもこれがよかったんだなぁとか(少しは成長しろよ)。

なにか心の柔らかい部分にそっと触れてくるドラマだなぁと思って観ていました。
2008-07-08

*ポケットの中の話

娘が「上履きがきつくなってきた」と言うので、
ある夕方、近所の靴屋さんに行きました。
土曜日だったせいかお客が多かったのですが、
夏物のサンダルなどの安売りコーナーはガラガラ。
でもそこに幼稚園の制服を着た、髪を二つに結った女の子がひとりいました。
彼女はそぉっとヒールの高いサンダルをひとつ床に下ろし、
試し履きしていました。
しかも左足用のを、右足で。
どっちだっていいんです。
視線の高さが変わるだけで、女は興奮するものよ(ウィンク)。
2008-07-03

*あくまでも聞いた話 2004

とってもぽや~んとした人がいました。
その人は子どもを連れて夏休みに実家に帰省していたのですが、
帰る日、老いた母親と別れを名残惜しんでいるとき、大変なことを思い出したそうです。

「ややっ!はてもさても、帰りの航空券を折れないようにと、
子どもの通信簿をいれたファイルに挟んだまま、
昨日着替えやおみやげと一緒に宅配便で送ったのって誰!」

その人です。

老いた母に、なんでちゃんとしておかないんだと子どものように叱られ、
いや、ちゃんとしすぎて忘れちゃったんだとわけのわからない言い訳をしながら、
早鐘を打つ心臓が喉から出ないように口を抑えながら航空会社へ電話をかけたそうです。


涼しい声の受付嬢が丁寧に教えてくれたのは
「申し訳ございませんが(←何も彼女は悪いことをしていないのに)、
航空券を再度お求めいただき、その際二重購入証明書の発行をお受けくださいませ。
後日総合受付カウンターにて、未使用の航空券とその証明書をお持ちいただければ、
航空券1枚につき420円の手数料がかかりますが、
2回目にお支払いいただいた金額をお返しいたします」

その人は旦那様には内緒で、
戻って翌々日に銀座の電気ビル内の受付カウンターへ行きました。
交通費片道670円かけて。
銀行みたいな雰囲気の店内でなんとなくまだドキドキしながら、
勝手がわからずキョロキョロしていると、
カウンターの女性のひとりが「お客様、整理券をおとり下さいませ」と案内してくれ、
やっと発券機をみつけてボタンを押すと、
その番号が108。煩悩の数・・・・。

こんなオチde SKYと、その人は笑ったそうです。

だから、聞いた話なんですって。
断じてわたくしじゃありまpi――――――――――――・・・・・


なぜそんな話を思い出したかというと、
今年の夏、娘と二人で飛行機で帰省するからでした。
フフフ・・・
2008-07-02

*「かわいそう」について

「かわいい」ものは心癒されるのです。
でも「「かわいそう」なものには心が痛むのです。

私はずっとかわいそうと言われていました。
お母さんが入院ばかりしてかわいそう。
お母さんが死んじゃってかわいそう。
お父さんがいつもお仕事ばかりでかわいそう。
弟のひとりが障害者でかわいそう。
あなたはやせててかわいそう。
器量がよくなくてかわいそう。
体が弱くてかわいそう。
貧乏でかわいそう。
生理痛で救急車に2度も乗るなんてかわいそう。
子どもがアトピーでかわいそう。
ああかわいそう。


ですが、私はあまり不快に感じたことはないのです。
私をかわいそうだと思ってくれたから、私の友達のお母さん達は私にとてもよくしてくれました。
フェリックスちゃん(仮名)のママは私にマフラーを編んでくれたし、
スヌーピーちゃん(仮名)のママはたまにメンチカツの揚げたてをごちそうしてくれました。
今の母がうちに来てくれたのだって、父が男手ひとつで3人も子どもを見るのは
あまりにかわいそうだと思ったからだと笑って言ってました。
(でも多分それだけじゃこないと思いますが♪)

人の「かわいそう」という気持ちから私は恵みを与えられたのです。
マフラーはあたたかかったし、メンチカツはおいしかった。
そして母という存在はすばらしかった。


でも不快に感じたことがあります。
それは娘のアトピーについてかわいそうだと言われたとき。
「ええっ、チョコレート、食べられないの?かわいそう」
「牛乳も卵もだめなの?じゃあ何を食べているの?かわいそう(←これは医者の言葉)」
「肌痒そうだね、かわいそう」

やかましーと思っていました。
かわいそうなんかじゃない。
アトピーはただの個性だ、今食べられなくても牛乳や卵はいつか食べられるという喜びがあるんだ、
どうだうらやましいか。
そんな風に思うようにしていました。
けれど、1番そんな娘をかわいそうだと思っていたのは私なんです。


かわいそうって、HAPPYな状態じゃないと思えるときに心に自然にわく感情だと思うのです。
だから、その人がHAPPYに見えなければ、自然にわくものを止められません。
それ自体は仕方のないことです。

でもかわいそうだといわれて腹が立つのは、私の場合は
「言われなくてもわかっているのだ」という感情が先立つからではないかと思います。
言われなくても、わかっている。
だって1番かわいそうだと思っているのがこの私なのだから。
かわいそうだと思っていても、何もできない自分がもどかしいのだから。

これは「がんばって」と言われて腹を立てるのと似ています。
がんばっている。それは自分が1番自覚してわかっているのだ。
がんばっているのになかなか前に進まないのがもどかしいのだ。

ここでもうひとりの自分の存在を見逃しがちですが、
確実に存在するのが「無力な自分を責める自分」です。
かわいそうも、がんばっても、
この「無力な自分を責める自分」を揺り起こすスイッチです。

娘がアトピーなのはおまえがそんな遺伝子を持っていたからじゃないか。
おまえが母親なばっかりに。

でもアトピー体質を持っていたのは、私のせいじゃありません。
私だって長年苦しんだのです。今だって残っています。
そのことをすっかり忘れて、
ああそうだ、私のせいなのだと自分を責めまくります。
自分を責めるのって、サド? マゾ?フフフ。


自分をそんなに責めなくていいのにね。
十分苦しんでおつりがくるくらいなのに、
なおも自分が幸せになることを禁じます。
そんな価値がないと決め付けているのです。
だからそんな自分が存在するとき「かわいそう」にカチンとくるのです。
私の場合。

もちろんいろんな「かわいそう」がありますけれども、
「かわいそう」とは、基本的に「かわいいもの」にしか感じません。
好きでもない、というか、むしろ嫌いなひとに向かって発せられる「かわいそう」は
侮辱の意味がしたたっているのでしょう。
私はそんな使い方はしませんが。

それ以外は、大抵その言葉を失礼なものにしているのは自分自身です。
ええと、あくまで私の場合は、です。


人間万事塞翁が馬といいます。
何がしあわせで何が不幸なのかわからないのに、
人はそうやって判断しつづけます。
判断しないと進めないと思い込んでいるからです。
それは間違いであると、いろんなマスターが教えてくれました。

確かににそうでした。
うちは娘がアトピーだったおかげで、湿疹のでる牛乳と出ない牛乳があることを知りました。
自分に反応しなくても娘に反応するので、ああ良くないんだとわかったのです。
そんなふうにしていつかうちはだしの素や白砂糖を使わなくなり、
いろんなことに気を遣うようになりました。
これは娘だけではなく、夫や私にとってもよかったのです。
ズボラな私が、気の赴くまま簡単手軽な料理ばかり作っていたら、
夫や自分も病気になったことでしょう。
それでもなお手抜きしていますけれどねっ。あはあはあは。

「アトピーでかわいそう」なのは事実だと思います。
でも「かわいそう」だけじゃないのを知ると、余裕がでてきます。
そして自分を責めなくていいことを知ると、
心をかけてくれてありがとうとさえ思えるようになってきます。
他の人はどうか知りません。でも私はそうです。


イエスが生まれたとき、ある貧しい羊飼いは、
何かお祝いを表すものが欲しかったのに、何にもありませんでした。
それを「かわいそうだ」と思った天使が、雪の中にそっと咲かせたのが
クリスマスローズという花だそうです。
羊飼いは喜んでその花を持ってお祝いに行きました(←まるで見たかのように言ってます)。
そのときあなたが羊飼いだったとしたら
「げっ、失礼なことすんなよな」とそのクリスマスローズを踏み潰しますか?

「かわいそう」とは、全てが「失礼」な感情ではないと思うのですが、
みなさんにとっては違うのでしょうか。
私の言葉で嫌な思いをなさった方にはお詫び申し上げます。


かわいいものとかわいそうなものに関してはまだまだ語り尽くせません。
私の中で、これらは紙一重のものなので、きっても切れない間柄なのです。
とくにかわいいものは、
この後も何度かきっと触れるでしょう。
2008-07-01

*かわいいもの

雑貨屋さんを覗くと、世の中にはなんてかわいいものばかりあるんだろうと思うのです。
今日みつけたのは、絵本のキャラクターの指人形。
指人形なんて全く必要がないのに
「どひー☆かわいいいいいぃぃぃぃぃ!欲しいぃぃぃ!」
と心の中で叫んでいる40代。


買いませんでしたけれども(物陰で少しだけ泣きましたウソ)。

日本はいつからなのかわかりませんが、
かわいいものが得意な国だと誰かが言ってました。
日本でヒットした女の子のキャラクターは、たとえばアメリカなどでは
「これはキュートすぎる」と敬遠されるそうですね。
私が小さい頃見た、ディズニー製お姫様達の妙な色気に感じた違和感は、
ちっちゃな日米摩擦の一端だったんだわ(←冗談ですから)。


たとえばロミオとジュリエットという映画に出ていたオリビア・ハッセーは
当時まだ14歳かそこらだったと思うのですが、
とてつもなく美しくて、これが自分と同じ人間かとまで思ったものです。
かわいかったのではなく、美しかったのです。
しばらくして「君は薔薇より美しい」というコピーの口紅のキャンペーンキャラクターに
彼女は起用されて、CMやポスターにその姿を見ることが出来たのですが、
やけに頬がこけた、やや老けたおねえさんにしか見えなかった。
あ、勿論今現在の私などより、そりゃあうんときれいでしたわよ。
でもジュリエットをやった時の透明感や
この世のものと思えない美しさは見当たりませんでした。




何が言いたいかというと、
日本人は「かわいい」期間が長いので、
かわいいものが得意なのかなぁと、ちょっと思ったんでした。
肉体的な要因ね。


小さいものはそれだけでかわいいと私は思うんですが、
往年の大女優高峰三枝子さんは子猫とか大嫌いで、
その理由が「あんなに小さいのに生きてて動くから」だそうです。
それが私はかわいいと思うのですけど、
高峰三枝子さんには気持ち悪いと写るんだそうで、
申し訳ないがそれは全然理解できない。
友達じゃないからいいか。

でも、では何故小さいとかわいいって思うのかって考えたら、
それもわかんないや。


嫌な言い方に「上からものを見る」というのがあるけれど、
かわいいっていう言葉にはそんな意識があるのでしょうか?

たとえば小さい子どもが不器用な手で何かをつまんで見せに来る仕草がとてもかわいいと
清少納言も枕草子で言ってましたよね。
(あら。いとうつくしきものだった?)
ちょっと不器用で、でも一生懸命で健気(けなげ)なものを見てかわいいと思うのは、
こちらがオトナであるからに違いはないと思うのですが、
だからと言って、上からものを見てるということに必ずしもつながらないんじゃないのかなぁ。


ただ愛しいって気持ちじゃないのかなぁ。


毎度胡散臭い話で恐縮ですが、
「キリスト意識」っていうのがスピリチュアルな世界にはあります。
私もどういうものかよく知りませんが、
聞いた話ではそれが自分に降りてくると、
なんでもいとおしくなってしまうみたいなんです。
ああ、このテーブルの角っこがなんともかともいいわ、
ああ、このお皿の丸いラインがどうにもこうにもかわいいわ
って感じに。
あ、「モノ」を例に出しましたが、「モノ」にさえもっていう意味です。

本当に幸せな人間は、何でも許せてしまうといいます。
そして何でもいとおしくなると。
いろんなものに価値を見出せるから、でしょうか。
「かわいい」っていうのは、
そのうんとうんとはじめのとっかかりになりえる感情じゃないかって思うのです。


「かわいい」にもいろんなかわいいがあって、
それは意外にも英語で表現するとしっくりきます。
ファンシー、ラブリー、キュート。
(すみません、カタカナだと外来語ですね)。

私個人はファンシーなものには心惹かれません。
キュートなものが好き。
その違いはどこにあるのか、はっきりと文章にできませんが、
無理矢理こじつけてみたら、
誰にでも愛される、毒のないのがファンシー。
ちょっとつっぱってたり、ちょっと無理してたり、ちょっと毒を含んでいるのが
キュート
かなぁ。


これは漫画家の岡崎京子さんがうまく書いてくれると思います。
そう言ってましたからね。そんな岡崎さんの復活を心待ちにしています!


街で女の子がやたらかーわーいーいーと乱発するのは
正直なところ、「あーあ」と思っちゃうときがあるんです。
そこまできゃあきゃあ言うほどのものかね?
やたらめったらかわいいと言って、そこに微妙な違いはないのかね?
・・・はい、こういう見方こそお待ちかね、「上からものを見る」かもよ♪

私は私の可愛いと思うものを愛でてるわ。
彼女達には彼女達のやり方で愛でてればいいんだわ。

うん、私はキリスト意識に触れたことは多分あんまりないんですけれども、
ピンクとオレンジ色の混ざったような、すばらしい夕焼けに染まる街をみると、
ああ、私達は愛されているんだとよく思います。
こんな色の気持ちでいたら、
もっと穏やかにいろんなことがいとおしくなるのかもしれない。

空気が汚れているほうが夕焼けがきれいという話も聞いたことがあるんですけど、
わはは。うろ覚えの女王、本領発揮之図。
プロフィール

Etsuko*

Author:Etsuko*
――――――――――――――
お問い合わせはこちら
haccabox☆live.jp (☆を@に変えてくださいませ)
――――――――――――――
◆札幌出身 埼玉県南部在住
◆女性
◆職業:MMS JAPANガイド
ヒーラー・チャネラー
直傳霊氣療法士
イラストレーター
ジュエリーデザイナー

◆好きな食べ物:
フルーツ フルーツ フルーツ
◆好きなスポーツ:
太極拳
◆好きな音楽:
TRICERATOPS、Bonnie Pink、
PINK、溝口肇、Chen Min
他たくさん

◆◆アデプトプログラム◆◆
2日間 料金¥55000
光溢れる人生を!
※個別対応・日程相談・出張可
※恐縮ですが、出張の場合、交通費を申し受けます。
※埼玉県、東京都、福岡県、熊本県などで開催しています。

◆◆Light◆◆
●DNAアクティベーション
・・・¥15000
波導水スパジェリック付
新しい自分に出会うために ! スピリチュアルなスイッチをまず押しましょう★
アンチエイジングにもおすすめです!

●大天使サブラエルのヒーリング&チャネリング・・・
フルセッション1時間/¥18000
あなたに今一番必要なヒーリングと、一番必要なメッセージを
わたくしのチャネリングコントラクトのある、
光と闇のバランスをとる大天使サブラエルからもらいます
2回目からは15000円

●コダンリーディング
60分15000円
DNAに刻まれている情報をリーディングします。
持って生まれてきた才能や、魂が決めてきた方向性、エマネーションの情報、人間関係の契約、マインドのギフトなど、自分自身についてたくさんの情報をリーディングいたします。

※注 このセッションをご希望の方は事前にDNAアクティベーションをお受けください。このセッションは他のセッションと組み合わせて受ける事ができません。
尚、その時に必要な情報・許可が出た情報を読みますので、何回でもお受けになることができますが、ご質問についてのリーディングは出来ません。あらかじめご了承下さい。

●ホーリーブラッドヒーリング&リーディング・・・1時間 15000円
あなたの中の聖なる血を甦らせて、活力を与えます。
聖なる情報もリーディングしてお伝えします。

●ラー・プロテクション・リチュアル・・・カウンセリング込み 1時間半 15000円
これは少しエクソシズムに似ています。
でも普通のエクソシズムよりも多くのプロテクションをもたらします
エネルギーに敏感で、影響を受けやすい方、
ご自分のプロテクションがうまく行かない方などに

●クライスト・レイ・インフュージョン・・・約30分¥10000
お客様の苦しみを抜き取り、引き受け、昇華させるメソッドです。
カウンセリングしたあと、後ろから10~15分ほどハグをします。
簡単なことをしているようにみえますが、すごいエネルギーが流れます。

●アバンダンティア・アバンダンス・レイ アチューンメント・・・40分¥15000
アバンダンスとは豊かさのことです
人は誰でも豊かになる必要があります
美しいアバンダンティアからアバンダンスのサポートを貰います

当日キャンセルの場合は、100%お支払いいただきます。
3日前~前日まででしたら、80%
一週間前まででしたら、50%を申し受けます。
ただし、地方出張の場合は、既に航空券を購入している場合がございます。
その時にはセッション料のほかに、交通費のみ100%お支払いいただきます。


●天然石アクセサリーセッション
・・・3~5時間 ¥25000より
お好きな天然石を選んでいただき、その場でアクセサリーをつくるセッションです。お客様はリラックスなさって、絵本や図鑑などをご覧になったり、おしゃべりなどして、ゆったりとお過ごしいただきます。


●カウンセリング
・・・1時間 1万円
何をしたらいいのか、全く判らない。何に悩んでいるのかも判らないというようなときがあります。
そんなときはとりあえずお喋りしてみましょう。
勿論こちらではいろんな存在のエネルギーをお流ししながら、お話を聞かせていただきます。
ご自分に価値がないと思いこんでいらっしゃる方は先にカウンセリングを受けられることをおすすめします。



◆◆ヒーリング◆◆
●直傳靈氣・・・10分¥1000(20分から開始)
体の調子を整えます。遠隔もできます

●イシス・ヒーリング ・・・¥10000
古いエネルギーを壊して、新しいエネルギーを再構築します
頭が軽くなりますよ

メンテナンスに最強です。
ただし、イシスヒーリングは3ヶ月に1回がオススメです。

●イシスヒーリング2
・・・1時間 ¥15000
ポジティヴな思考と、より多くの情熱、活力を与え、生活により多くの豊かさをもたらします。
また会いのエネルギーに明晰さが加味され、愛する人がより見つけ易く、パートナーのいいところがより明確に見えるようになります。
※イシスヒーリング1を受けた後、1ヶ月後以降から受けられます。
※遠隔もできます。

●ザ・コア 阿蘇山ポイント ヒーリング・・・1時間 10000円(カウンセリング込み)

最もピュアなとき、それは生まれた瞬間です。
もう一度、その時の状態を体験してみませんか。
恐れや、不安は、経験から生まれるものです。
それがどれだけ楽しく生きる邪魔をしているか、考えたことはありますでしょうか。

●エンソフィックレイ・ヒーリング・・・全3回
¥35000(一括) 1回分及び分割 ¥15000 
※神がわたしたちに与えた青写真に基づいて、ずれてしまった部分をなおすという、とてもパワフルなヒーリング
本来の自分に戻るサポートをします。
出来れば3ヶ月後にもう一度お受けになることをお薦めします

●エンソフィックレイ・リダイレクション・・・¥15000
大嫌いな自分から、大好きな自分へ変わりましょう
とてもパワフルで、気持ちのいいヒーリングです

●スパーク オブ ライフヒーリング・・・¥20000
ストレスを軽減し、安らぎと安心、そして望ましい変化をサポートします(遠隔のみ)

●神聖幾何学5ヒーリング
・・・1時間 ¥17000
オーラに神聖な幾何学模様を書き込み、スピリットとソウルと肉体をおつなげします。
すっきりするヒーリングです。

●エンジェルライト・ヒーリング・・・1時間 10000円
天使の翼の内部にある光で、あなたのオーラにある不要なものを一掃します。

●ギビング・スピリット・インフュージョン・・・30~40分 10000円
究極の愛と光をそそぐ強力な儀式です
自分のことが好きになれない方、エネルギーの状態が低くて、気分が最低な毎日を送っていらっしゃる方、
否定的な考えしか浮かばない方などに
また、パワーUPとスピリチュアルな進化を促進させるために、是非☆


●お任せセッション
3時間3万円
何を受けたらいいのか、判らない。でもカウンセリングだけじゃ物足りない・・・という方には、こちらで最適と思われるものを2~3点チョイスしてヒーリングをさせていただきます。
お得です。



こちらにshopも細々と開いております。
少しずつ商品を増やしていきますので、気長にお待ちくださいませ。
http://haccabox.cart.fc2.com/

カテゴリー
最近の記事
フリーエリア
blogram投票ボタン
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター