FC2ブログ
2008-05-27

*ソウルメイトとツインメイト

昔は小指につながれた赤い糸なんて言われていました。
中村雅俊さんが出ていらしたあるドラマでは赤い綱なんて言われてて、
糸よりずいぶんと太くて強そうな絆だと思いつつ、
笑ってしまったわたくしを意地悪と呼んでくださってもよくってよ。

今は比較的ソウルメイトという言葉はよく聞きますよね。
運命の人だとか、結ばれる運命の人だとか、前世からの約束の人だとか、いろいろ。
夢を壊すようで申し訳ないのですが、
このソウルメイト、そんなにうっとりとハートのお目々で語るようなものではないのをご存知ですか。

生まれてくる前に人はいろいろ決めてくるといいます。
そのソウルメイトに関しては、単にそういう契約があるというだけです。
アカシック・レコードに契約書がちゃんとあるそうです。
このアカシック・レコード(Akashic Records)とは、簡単に言うと、神様のコンピュータ。
宇宙や人類の過去から未来までの歴史全てが、
データバンクのように記されているという一種の記録をさす概念です。
多くの場合、宇宙空間それ自体にその(一種の)記録がなされると考えられており、
そのためそのためサンスクリットで「空間」「宇宙」「エーテル」を意味するアカシャ (Akasha) とも呼ばれているそうです(以上フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)。
これをエドガー・ケイシーやノストラダムスなどが読んでいたと言われています。
わたくしはアカシック・レコードを読めないので、どんなものなのか、さっぱりわかりませんし、
「あの人は私にとって運命の人ですか」という質問には答えられないのです。
そんな時にはにっこり笑って
「そうかもしれないし、そうではないかもしれません。
でも大切な人ならば、そうであろうとなかろうと、いいではありませんか」
と答えます。ピース。


話が脱線しました。
で、このアカシック・レコードが読める方にお聞きしますと、
かなり細かいところまで、正直に言うと、かなりえぐいことまで、事細かに決めているのだそうです。
このソウルメイトとは、今回生まれてきた人生で、二人で協力して学ぶための仲間と解釈するのが
一番近いのではないかと思います。
だから結婚相手や恋人とは限らず、
親子や先生と教師、兄弟などでも縁の深い間柄にもありうることなのですね。

なぜうっとりするような関係と言えないかというと、
二人で学ぶ内容にもよるからです。
「とってもひどい人になって、一番いやなやり方で、この問題点を見せ付けるよ」
「意地悪しまくってとことんあなたを試す人の役になるよ」
そんな内容だったとしたら?
そう、まさに今生、最悪最低の関係なのです。
でも大変な出来事ほど、深く学べるということもあります。
つまりスピリットのレベルで相手を信頼していなければできないわけで、
そんな点から見れば、ソウルメイトはやはりとても貴重な存在だと言えるでしょう。


で、最近こちらもよく聞くのではないでしょうか。
ツインソウル。
これはもともとひとつの魂だったものが、二つに分かれたものだという説があります。
ソウルメイトと違い、こちらは既にひとつだったものですから、
それはお互いが恋しいわけです。自分の片方なのですから。
ツインソウルは出会った人たちに聞くと、かなりの確立ですぐわかると言います。
でもそれで関係が完結してしまうので、それでは学びにならないので、
しばしば結婚相手にならないことがあるそうです。
お互いに別の人と結婚した後に出会ってしまうとか。

ソウルメイトは同じ方向をみる関係で、
ツインソウルは向かい合う関係と言う人もいらっしゃいます。
それはなかなかいい表現だと思います。


全て聞いた話で、大変恐縮です。
本当はどれが正しくて、どれが正しくないかは実はわからないのです。
でも、やはり、うっとりと語るものではないというのだけは自信を持って言いたい。
なぜなら、大事なのは今です。
上での約束なんて覚えていないものですから、
どうしようもないわけですね。

もちろん運命の人だと聞けば、やっぱりねとか、どこかドラマチックなものを感じて、
気持ちがいいものです。
でも、本当に大事なのは、目の前の人をちゃんと愛することです。
ソウルメイトだろうが、ツインソウルだろうが、
あなたの人生に現れた人に無駄な役者はいないのです。
出会えたこと自体が奇蹟だと知ったら、
目の前の人を愛さずにはいられないと思います。

出会えたことが奇蹟。
そのことだけをしっかり覚えていたいなって思う、わたくしからの提案でした。


追記(5/28)
もしあなたが今、結婚生活などでお辛い状況だったとき、もしよろしかったら、
このソウルメイトの話を思い出してください。
つらければつらいほど、それはそれだけの固い約束をしてきたのだと。
そしてその辛い経験がきっと何かの学びにつながるのだと。
そう思ったら、無駄に相手を憎まなくて済むかもしれない。
スポンサーサイト
2008-05-22

*埼玉すぴこんへのお誘い

埼玉すぴこん出展します


2008年6月22日(日) 大宮ソニックシティにて
詳細はこちら
http://saitama.spicon.org/index.html


◆大天使のエネルギーワーク&メッセージ・・・
光と闇のバランスをとる大天使サブラエルのエネルギーを存分に浴びていただきます。
あなたにとって今、必要なヒーリンとメッセージがもたらされます。15分3000円←破格です

◆DNAアクティベーション・・・あなたの神聖さとサイキック能力を目覚めさせます。
人生の全ての領域で開花を促進します。注入のみ20分3500円、調整つき30分5000円

◆直傳靈氣・・・宇宙にあるエネルギーを入れて、自己治癒力UP★。
20分2000円 以後10分ごとに1000円

◆アバンダンティア・アバンダンス・レイアチューンメント・・・
豊かさを受け取りましょう!20分6000円、ペア1万円←普段は12000円のセッションです★

◆天然石オリジナルアクセサリー・・・上質でパワフルな天然石だけを使っています。
いろんな場面であなたを輝かせ、サポートしてくれるでしょう★



入場招待券3枚と、200円引きのチラシがあります。
わたくしのセッションを受けてくださるか、アクセサリーをお買い上げくださる方に
差し上げますので、メールをくださいませ。
先着順です。

先日の熊本すぴこんはおかげさまで盛況でした。
ありがとうございました。
いろんな出会いに心より感謝いたします。
2008-05-20

*弟  地球からの出発

たかしがだめだったという知らせは、大事な大事なワーク中にたかおからあった。
私は「わかった、連絡をありがとう」とだけ言い、そのままワークを続けた。
弟や母を残してまで来たワークを、途中で抜け出すなんてもっと意味がない。
悲しんでいる暇もない。
淡々と、ちゃんと受けなければならないと心から思った。

今ぬけたところで、たかしが生き還るわけではない。
たかしが病室にいるとき、私は私のできる限りのこと
ヒーリングだの、部屋の浄化だのetc…を全部した。
そして今私がたかしにできることはもうないのだ。
どちらへ行けと指を指し示すことしか。


不思議なことだけれども、ワーク中、たかしが傍に来たみたいだった。
たかしは赤ちゃんのような、独特の体臭がある。
会場ではたくさんの香を炊いていたから、人の体臭がわかること自体あり得ないことだが、
ましてや他に同じにおいを持っている人などいないような、たかしの匂いが
強く漂ってきたのだ。
たかしもワークを受けて行くといいよ。
きっといいよと私は呟いた。




帰宅後、いよいよもって、仕事に関わっていられなくなるので、
ほとんど徹夜で仕事のデータをCDに焼き、なるべくわかりやすいように説明文など作ったりした。
この仕事を引き継いでもらう人には心から詫びなければならないと思う。
本当に悪いことをしているという思いがずっと離れなかった。

翌朝、担当を変わってくれる人に改札口の柵越しに資料やデータを渡す。
こちらが逆に励ましてもらう。
優しい言葉に少し泣きそうになったけれども、泣いている暇もなく、すぐに空港へ。
ゴールデンウィークの最中である。
前回のようにチケットが取れるかどうかもわからない。

幸い、チケットは取れたが、バカ高かった。
前回の倍近かった。理不尽だと思ったけれど、そんなことを言ってる場合ではない。
行けるだけ感謝する。


実家に戻ると、札幌に住んでいる伯母が来てくれていた。
母の頭は、踊りの会用にきれいに結われたままだった。
二人とも、私の顔をみて少し笑った。
「眠るみたいに逝ったんだから」
と母が言った。

たかしの亡骸はもう既に家に帰ってきていた。
白い布をめくって、たかしの顔をみた。
もう何日も前に死んだ人みたいに痩せていて痛々しい。
肌が蝋人形のような、不自然なツヤと色、硬さに変わっている。
モノになるとはこういうことだ。
父が亡くなったときにも思ったが、
私は自分の死体を大事な人に絶対見せたくない。

湯灌の人がきてくれて、それは丁寧にたかしの亡骸を拭いてくれる。
たかしの足を拭くときは、自分の太ももに、たかしの足を乗せながら拭いてくれた。
見知らぬ人の死体など、気味悪いだろうに。
顔の恐ろしげな内出血の跡はメイクをしてきれいにわからないようにしてくれた。
こういう残された人のために仕事をする人って、大変だ。
ありがたいと思った。


たかしの葬儀は密葬にすると母が決めたので、
本当の身内だけのささやかな葬儀になった。

私は残してきた仕事が心配で、持ち込んだノートパソコンを何度も覗いた。
ひどい姉で、ひどい娘である。


そのうち、疲れがどっと押し寄せて、式場の畳の上でいつの間にか眠ってしまっていた。
自分の黒い靴下に穴が開いていたのを後で知った。
勘弁してくれ。


たかしの柩にはたかしの大好きなブルートレインのビデオの表紙の紙と、
N響のCDのクレジットが入れられた。
ビデオやCDは入れられないのだそうだ。
同じく例の腕時計も入れられなかった。
母は不服そうだった。
そういや柩という字のつくりは、なぜ、たとえば「囲」の字のように四方を囲んでいないのだろう?
「久」の右側が開いている。
釘を打ってまで密閉するのに。

釘は残された人の気持ちの整理のために打つのだと、斎場の係りの人が教えてくれた。


たかしの遺影は、まだふっくらしていたときの顔で、しかも北斗星に乗っていて、隣に母がいたからか、
とっても嬉しそうな顔に写っていた。
「ああ、この写真のたかしなら、笑って見ていられる。
たかちゃんが死んで、本当にさびしいけど、
5分でも長くあの子より生きなくてはと思っていたから、
ほっともしてるの。
あの子を残して死ぬなんて、とてもじゃないけれど、死ぬより辛いから」
たかしの遺影を見ながら母が言った。



私は今まで人を殺したいと思ったことはほとんどない。
どんなに嫌いな人だって、殺したいとまでは思わないのだ。
死ねばいいとも思わない。
もしこれがわが子を乱暴されたり、殺されたりしたら状況は変わるかもしれないが、
今のところはそんな思いに胸を押しつぶされることはない。
ただ一度を除いては。
その一度の殺意の相手がたかしだった。
もちろん実行しなかった。そのくらいの理性は残っていた。
母の顔が見えたからだ。
しかし自分が一瞬でも殺意を持ったことに戸惑った。
本当に疲れ果てるくらいたかしは大変だった。
ほっとしているのは、もしかしたら、そんな自分に会わなくて済む保証ができたからか?
そんなことも少し思ってしまった。

姉としての悲しみもあるのだが、実感できないくらいに慌しかった。
なるべく自分のいろんな気持ちに焦点を合わせないようにした。


たかしの骨は立派だった。亡くなった父に体格が一番似ていた。
父も骨はすごく立派だった。
札幌は例年より早く桜が咲いていて、既に散り始めていた。
寒くも暑くもないよい気候。
でも私は通夜の日にたたみの上で眠ってしまったせいか、
風邪を引いてしまったようだった。



うちのお墓は函館にある。
父の時は父の友達の人の運転でタクシーに乗って納骨しに行った。
たかしの納骨は、たかしが大好きなJRのスーパー北斗で行った。
GW中なのに、よく取れたと思う。
函館のホテルも取れたし、帰りはスーパーではないが北斗で帰ってこられた。
すべてスムーズで、みんな笑って過ごせた。



全行程が終わり、母も落ち着いたようだったので、
私は関東に帰ってきた。
夜19時を回っていてたので、羽田空港内のフレッシュネスバーカーに入った。
この店のハンバーガーならアレルギーを心配しないでたべられるのだった。
店の内装も明るくて好きだった。
荷物を置いて、座席に座り、運ばれたハンバーガーを一口食べた。
温かいコーヒーを飲んで、携帯のメールをチェックした。
何通か、私を気遣うやさしいメールが入っていた。
突然視界がぼやけてきて、何も見えなくなり、
してもいないコンタクトの調子が悪いふりをしなければならないほどに
私の目からは何かあふれていて、
勘弁してくれと心から思った。
2008-05-15

*弟  そのあと

たかしが危篤だという知らせが入ったのは、
今まで体験したことのない怒涛の日々の真っ只中にいた。
その日はちょうど大事なワークの準備中で、手を放すわけにいかない時だった。
勘弁してくれ。

とにかく仲間に詫びて、ワークの場を離れ、急いで帰宅。
今まさに関わっている仕事のバックアップをとるのに手間取ったあと、
心の中で絶叫しながら帰省の準備をした。

世の中はあと何日かでゴールデンウィーク。
はたして飛行機のチケットはとれるかどうかもわからなかったが
友人が、どの航空会社も少しずつ空席がある様子だと携帯に情報をいれてくれた。
羽田はターミナル棟が分かれているのでANAがだめならJALということが簡単にできない。
だからとても助かった。
飛行機に搭乗するまで、1時間くらい待った。


たかしは風邪をこじらせて肺炎になったという話だった。
それがわかる直前に激しい転び方をして、左眉上部を3針も縫う怪我をし、
その治療のためにたかしは外科の病院に運ばれた。
そこで高熱があることがわかった。
レントゲンを撮ったとき、すでに肺は機能していない状態だったという。


たかしはあれからずっとあの汽車が見える病院にお世話になっていた。
病院に居るのに風邪をこじらせて、肺炎になり、
肺が機能しない状態になるまでわからないものだろうか?という疑問は当然わく。
病院の話では、最近は聴診器も当てさせてくれなかったと言ってたというが、
本当のところはよくわからない。
その疑問を一応母に伝えたら、母は
「あの病院にはすごく感謝している。あんなに大変なたかしの面倒を看てくれたのだから」
それだけ言った。
今回、母の気持ちが全てにおいて最優先されるべきだ。
私はもう何も言わなかった。


千歳に着いたのはもう22時を回っており、母もたかおも自宅待機しているというので、
私は札幌の実家へ行った。
母がひとりで待っててくれて、ドアを開けながら「大変だったっしょ」と言った。


翌日母と一緒に、たかしが入院している病院に行った。
たかしはここ2~3年のうちに少しずつ痩せていき、ずいぶんスマートになったのは知っていたが、
ベッドに横たわっているたかしは痩せているというレベルではなく、
やつれ果てていた。
どこまでがベッドでどこまでが人間かわからないくらいに。
そして手足は深海魚みたいに真っ白だった。
転倒したときに鼻の付け根を強打したのだそうで、
目の周りに怖ろしい色の内出血がひろがっていた。
たかしは岩見沢の遊園地のお化け屋敷が大好きだったけれど、
そこに生出演できるくらいになってどうするのよ、あんた。と思った。

たかしは私を認めると、酸素マスクで見ずらいのか、顔を少し傾けて、
右手を少し上げて挨拶してくれた。


前日は苦しんで酷かったそうだ。
言葉も不明瞭で何が言いたいのかわからなくて周りも困っていた。
「腕・・・」「腕・・・」と何度も言うので、
転んだときに腕をひねったのかと、母はさすってみたり、シップを貼ってみたりしたが、
やはり「腕・・・腕・・・」と言い続ける。
やっと紙に書いてもらうことに気がつき、たかしに書いてもらうと、
たかしは「腕時計がしたい」と書いた。
そこまで腕時計がすきだったのか、時間が見たかったのかはわからない。
それにしょっちゅうたかしは腕時計を壊した。そのたびに母にたかしは電話をかけてきて、
腕時計を頼む。
もう何個買い替えたかわからない。
そんに大事なら壊さなければいいのに。

挨拶してくれた腕にはその腕時計がはめてあり、シップも貼ったままだった
(多分剥がすのは痛いと周りは思ったのだろう)。


たかしが書いた紙を見せてもらった。
字を習ったばかりのような、無垢な字が並んでいた。
私は弟の字が好きだった。


その日は私の顔をみて思い出すことがたくさんあったらしく、
いろんなことを書いてくれた。
「あさごはんたべたい」
「N響がききたい」
「ひるごはんたべたい」
「いわみざわいこうね」
「ごはんたべたい」
「たんと(酸素のことだと思う)いつとれるの」
「ごはん」

器官を詰まらす危険性があるので、ご飯は食べられなかった。
ご飯が何よりも大好きなたかしにこれは拷問だと思ったが、仕方がなかった。


私が札幌に帰ったのは4/26。
しかし4/29に、どうしてもどうしても、どうしても行かなければならないものがあった。
こんなことは一生に何度もないくらいに大事だった。
どんなになじられても、それは行かなければならないと決心していたので、
28日に一旦帰ると母に告げると、
母もその日には踊りの発表会があるという。
一人で踊るのなら休めばいいが、5人でする踊りなので、
一人が抜けるとめちゃくちゃになる。
ずっとみんなで練習してきたのだという。
母とふたりで「勘弁してほしい」と言った。
その日はたかおがたかしについていてくれるということになった。
たかおは母に携帯をプレゼントした。ボタンの大きい、操作の簡単なタイプ。
いつでも連絡が取れるように。
母は「携帯するのを忘れる」と言っていた。



28日は、荷物を病院に持ち込んでたかしのそばにいた。
ぎりぎりまで居て、直接空港に行けるように。
27日にはいろいろ紙に書いてくれたが、
28日はほとんど呼吸をしているだけだった。
「ごはん」という言葉すら書かなくなった。

たかしはすこしずつ死んでいるんだと思った。

(続く)






2008-05-04

*弟

(※今回凄く長いです。ごめんなさい)




私には弟が2人いる。
2歳違いのたかおとそして5歳下のたけし(勿論仮名)。
そのたけしは今病院にいる。
精神病院だ。

たけしは双子だった。
お互いのへその緒をお互いの首に巻きつけてしまい、
1人は母の胎内で死に、生き残ったたけしも脳に十分な酸素が行き届かず、
知的障害者になった。


たけしが小さい頃、彼の障害については誰もよくわからなかった。
少なくともその障害のことで病院に行ったりはしなかった。
両親がその可能性を医師から聞いたかどうかはわからない。

生母は病気でしょっちゅう入院していたので、伯母が私たち兄弟の面倒を見にきてくれ、
生母が他界してからは、その伯母夫婦にたけしは預けられた。
伯母夫婦には子どもがなく、たけしは実の子どものように可愛がられて育った。
たけしはうちにいたときも、伯母のうちにいたときも、
近所の子ども達によくいじめられて、泣いて帰ってきた。
「ぼく、バカじゃない」と言いながら。
確かにちょっと、とろいかなとは思っていたのだけれども。

そのたびに私はすっとんでいっていじめた子どもを追いかけたが、
つかまえてみるといつもたけしより年下の、
ときにはよだれ掛けをしているような小さい子だったりした。
もう少し大きい子たちは、戸惑った顔をして、
たけしのこともいじめた子どもも無視していたようだったが、
たけしは同じくらいの子ども達と一緒にいるだけで楽しそうにしていた。


私がいないとき、伯母はいじめた子どもに
「おばさんのだんなさんはお巡りさんで、おばさんは学校の先生なの。
こんなことしちゃいけないよ」
と諭すように話していた。
伯父はお菓子のメーカーに勤めていたし、伯母は教員免許さえ持っていなかった。
私は伯母のしていることが理解できなかった。
ただ、そんなこと言っても効果はないだろうと、子どもながらに思っていたけれど、
それは弟の面倒を見てくれている伯母に恥をかかすような気がして言わなかった。
お巡りさんや先生が家族にいたところで怖がる子どもなんかひとりもいない。
そんな時代があったことすら知らない。

多分伯母は現実を正視することが少し苦手だったのかもしれないと
今思っている。



たけしが小学校にあがる年、
就学前の面接の時のことは今でもよく覚えている。
私も伯母に付き添って行ったのだ。私は小学5年生だった。
就学前児童の担当の先生が簡単な質問をたけしにしたのだが、
たけしは何を言われているのかわからないらしく、ぼんやりしていた。
担当の先生は少し困った顔をしたが、すぐ無表情になり言った。
「この廊下をまっすぐ行って、突き当たりの部屋に行ってください」
今思うと、あの時の無表情は、先生の誠意だったのかもしれないと思う。
誰だって障害者を見るとき、どんな顔をしていいかわからなくなる時があるものだから。
いじめっこの小さい子と一緒にいた、ちょっと大きなあの子ども達のように。

そこへ回される子どもは、ぐるっと見ても誰もいなかった。
長い廊下。
その教室には男女の、年配の先生がひとりずついて、
とても静かだった。
たけしは養護学級に回されたのだった。
この時初めてたけしに障害があることがはっきりしたのだ。

帰り道、伯母はひとり鼻を真っ赤にしながら
「仕方ない。仕方ない・・・」と小さく繰り返していた。


たけしが小学校に入学する直前の3月、現在の母がきてくれた。
父はこの母と1月頃にお見合いをしたのだった。
新しい母はとてもいい人だったので、私とたかおはあっという間になついた。
ある日、この新しい母と私は、伯母夫婦のところへたけしを迎えに行った。
家族全員がやっと揃う。

しかし、伯母夫婦にとっては家族が1人減る日である。

伯母は来る時が来たと、小さい体をさらに小さく震わせて、泣くのを堪えていた。
その時伯父は仕事でおらず、帰ってきたときに「パパおかえり」というたけしがいないと気付いたら・・・。
私は伯母夫婦の気持ちを考えて辛かった。
たけしは伯母夫婦を本当の親だと思っていて、パパ、ママと呼んでいた。
連れて帰ってきて1ヶ月くらいパパとママのところに帰りたいとずっと泣いていた。
こんなにお互いに必要としているのだから
たけしが伯母夫婦の子どもになってもいいのではないかとも思った。
なぜダメなんだろう。私たちが本当の家族だから?
・・・・それともたけしが障害者だから?



私が大人になって知ったことだが、伯母夫婦はたけしを養子にしたいと言っていたそうだ。
それを強く反対したのが親戚だった。
「あんな子どもを押し付けられたって困るだろう」
父が伯母夫婦に障害児を押し付けているという形にいつの間にかすりかわっていた。
父は障害児でも自分の子どもだからと、養子の申し出を辞退していたそうだが、
今度はそれが気に食わなかったらしく、親戚が父を囲んで
「どうして養子にだしてやらないんだ、この恩知らず」と罵倒しまくったという。
父と生母は仲が悪くなっていたので、
向こうの親戚は何かにつけて父を非難したかったのだろう。
何しろ小学3年生の時の私に父の悪口を聞かせるくらいの人たちだったのだ。
変わっている。
私はあんな人たちと血が繋がっている自分がしばらく許せなかったほど怒り心頭に達したのに、
父は「なんも。よくわからない人たちのいうことにいちいち引っかかっていたら、
面倒くさくってしょうがない」と言って笑っていた。


母は「かわいそうで涙が出る」とたけしのために心を痛めていた。
そのせいか、母はたけしに1番愛情をかけてくれた。
1年もすると、たけしは母なしではいられないくらい母になついていた。




私と母は、たけしの障害にとても無知だった。
たけしの養護学級は幼稚園に行かなかったからかなぁと、母と私はよく話した。
今考えると、多分伯母はたけしの障害のことを知っていて
幼稚園にやらなかったのではないかと想像している。
父はそういうことには無頓着で、
幼稚園くらい行かなくても「オレも行かなかった」で済ませられる人だったが、
父もたけしの障害のことはうすうす知っていたはずだ。母には何も言わなかったのだろうか。
何故なのかわからないけれども。
幼稚園に行ったって迷惑をかけるだけだったのが、今になってわかる。


たけしには自閉症もあったが、陽気な子どもだった。
その障害の恩恵なのか、無邪気に誰にでも「こんにちは」と挨拶をするので
近所でたけしのことを知らない人はいなかった。
「ああ、あの愛想の良い、にこにこした子」
私の知らないひとでも「あら、たけしちゃん」と声をかけてくれる人がたくさんいた。
障害のあるなしにかかわらず、大人たちはたけしをかわいがってくれた。
でも子ども達とはやっぱり仲良くできなかった。
だから私がいつもたけしと一緒に遊んだ。


たけしの障害は、養護学級の中では随分ましなほうだった。
命にかかわる病気もなかったし、いけないと言われればちゃんとわかった。
学校が大好きで、なるべく休まないで通っていたし、
そういう子達の高校にも行き、卒業式では卒業生の言葉を代表で発表したりした。


高校卒業後、札幌のはずれにあるクリーニング店に勤め始めた。
たけしのような子が働ける場所があることに感謝した。

伯母夫婦の家がまだ美唄にあった頃、
伯父と伯母はたけしに汽車(北海道では電車のことを汽車というが、当時はまだSLも走っていた)
をよく見せていたせいか、たけしは汽車が大好きで、
小学校の高学年になると、ひとりで近くの駅まで汽車を見に行った。
そこには国鉄の工場兼車庫があり、そこでたくさんの汽車が見られたのだ。
たけしのこの趣味は未だに変わっていない。
仕事に行くようになっても
バスで帰ってくるほうが早いのに、たまにわざわざ一駅分だけ汽車に乗るのが
たけしの楽しみだった。
たけしが一生懸命働いているので、母もそのくらいのことは許していたのだ。
汽車に乗って帰ってきたときは、寝るまでたけしの顔はにこにこしているのだった。


そのクリーニング店には何人かの障害者がいて、
パートのおばさん方と一緒に、病院で使うおむつやシーツなどをたたむ仕事をしていた。
パートのおばさん方は、家族にも障害者などいない人たちばかりで、
障害者の理解に乏しかったのは否めない。
私は家族だから十分知っているが、障害者は融通が利かない。
決められたことを黙々と、いつも通りやらなければ気が済まない。
何か変わったことを注文されると、それだけで混乱してしまうのだ。
映画「アイアム サム」はとても障害者をリアルに描いている。
本当に、自分たちのペースがほんの少しでも狂うと、
彼らの混乱は悲しいほど激しい。
健常者なら、どうってことない、些細なことでも。


しかし、高校を卒業したばかりの頃のたけしはぱっと見ただけでは障害者のようには見えないので、
おばさん方はいつもそのことを忘れてしまうのか、たけしに無理を言ったらしい。
たけしの見かけがちいさい子どもだったら、回りも仕方ないと思えただろうが、
いまや立派な青年である。
いくら障害者だと頭でわかっていても、子どもに接するようにはできないものなのかもしれない。
たけしはもともと痩せてはいなかったが、ストレスですごく太ってしまった。
この頃から、たけしのノイローゼも始まった。
おばさんに何かいやなことを言われたり、されたりすると、
その夜はもう20回も30回も母にそのことを話すのだ。
母はわかったよ、大丈夫だよと言うのだが、もう1分後にはまた同じ話を繰り返す。

母はたけしの体を思い、勤めを辞めさせた。
たけしはさっぱりした様子で、毎日汽車を見に出かけては夕方帰ってくるという生活になった。
その頃からたけしはクラッシック音楽が大好きになり、
たけしの汽車以外の唯一の趣味なので、父と母はCDラジカセもいいのを買ってあげていた。
私はこの頃東京にいたのだが、帰省のときはよくたけしにクラッシックのCDをのおみやげに買ってきたりした。
母と汽車とベートーベンと食べ物があれば、たけしはとてもしあわせそうだった。
ヘッドホンをつけて自分の部屋で壁に向かって指揮をする手振りをよくしていた。


たけしの知能は4歳くらいだという話だった。
高校卒業まではにこやかで、陽気な4歳だったが、
勤めだして、辞める頃には陰鬱な4歳になってしまっていた。
あれだけ自分はバカじゃないと言ってたのに、
「ぼく、よくわからないから」と言うのが口癖になっていた。
『自分を受け入れましょう』と、ヒーリングの時にはよく言われる。
たけしの口癖は自分の障害を受け入れたからだろうか?
私にはどうしてもただの言い逃れにしか感じられず、
かといって、もっと考えろとも言えず、
たけしのストレスにならないように振舞うことしかできなかった。
うっかり何かちょっとしたことを注意すると、
それが気になって、また母が何十回も同じことを聞かされる羽目になる。
私に言えばいいのだけど、母にしか心を許していないから、
たけしの気持ちは母に全て向いてしまうのだ。
自分の迂闊な一言で母に迷惑がかかるのは絶対避けたかった。


そのうちたけしはたまにケンカをして帰ってくるようになった。
線路に入って汽車を見ていたそうで、それを注意してくれた人がおり、
その人とケンカをしたというのだ。
たけしはただ汽車が好きでそばで見たかっただけなのだが、
危険だという考えに及ばない。
その人だって、たけしの身の安全の確保のために注意してくれたに違いないのに、
たけしにはそれがわからない。
たけしの心にはものすごく厚い鉄の壁ができてて、
母以外誰もその中に入れなくなっていた。
そしてこの頃から、たけしは自分の思い通りにならないことに我慢できなくなってきていて、
そんな状態になると母でさえもたけしの心の中から追い出されるようになった。


ある日父が脳梗塞で倒れた。
幸いにも体の麻痺はなかったが、医者からは9歳の知能になっていると言われた。
確かに、あの穏やかで何があっても怒らない父が怒りっぽくなり、
手のつけられない頑固オヤジに豹変していた。
4歳児と9歳児を母はひとりで、どんな思いで面倒を見ていただろう。

子ども同士はケンカをする。
しかし体は共に大きく、お互いに自分は大人だという自覚があるので、
本当の大人が「こら、やめなさい」と言ったところで、ふたりともやめないのだ。
たけしは父を突き飛ばした後、引出しからハサミを持ち出し、
両手で持って構えた。


母は父を庇いながら立ち、渾身の力を込めてたけしを抑えながら頼み込んだ。
「お願いだから、やめて! たけしちゃん、たけし、お願い! こんなことをしてはいけない!」
たけしはやっとハサミをテーブルに置いて、また汽車を見に出て行ってしまった。
母は、倒されてプライドが傷つけられたために余計怒っている父を見ながら、
どうしたらいいんだろうと途方に暮れたと言っていた。
この時から実家から刃物という刃物は全て隠された。
その夏に帰省したとき、その話をまだ聞いていなかった私は不便を訴えてしまった。


「もうお父さんとたけしをふたりだけにしておけないし、
暮らしていくのも心配で、このままではいけない」
母の脳裏に新聞記事になるような出来事が何度も浮かび、
そのたびに慌ててかき消す日が続く。
母は限界を感じて、あちこちに相談しに行った。
そこで勧められたのが、精神病院という選択だった。
母は自分の子どもを精神病院に入れたくなかった。
血がつながっていないから余計そんなことはしたくなかったに違いない。
血がつながっていないからそんな「仕打ち」ができるのだと言われるのもいやだったろうし、
本当に母はたけしをかわいがっているのだから。
偏見があった精神病院に入れるなんて、考えられなかっただろう。
母のこの時期の思いを考えると胸が詰まる。


結局たけしを病院に連れて行くしかないという決断は、断腸の思いだっただろう。
でもそれは結果的にとてもよかった。
なぜならその病院は、窓から駅と線路、そして走る電車が見えるのだ。
たけしは毎日喜んで汽車を見てすごし、
夜になったら母に電話をかけてくるという生活になった。
そして土曜日に自宅に戻り、月曜日の朝、病院に戻っていった。
母は少なくとも週に5日はたけしのことで心配しなくて済むようになった。


そして父が亡くなった。
母はたけしを病院から連れてきて、父の亡き骸に会わせて言った。
「もうお父さんは死んじゃったの。わかったかい」
そして1時間もしないうちに、たかおの車でたけしを病院に送り返した。
あれだけケンカしていたのに、たけしは弟の車の中で泣いていたという。
たかおが「だいじょうぷか」と聞くと
「お父さん死んじゃってさびしい・・・・」と言ったそうだ。


父の死後、母はたけしをうちに連れてこようかと考えていたが、
それは無理だということがすぐわかった。
たけしは自分の思い通りにいかないと凶暴になるようになっていた。
たけしの行きたがっていたあるところへ行く約束をしていたが
大雨で行けなくなった日曜日の晩のこと。
たけしはハサミこそ持ち出さなかったが、
古い家の二階の床をどすんどすんと一晩中蹴りつづけていた。
(今でも実家の2階の部屋には、たけしがあけた穴が壁にある)
母はいつたけしが暴れだすかと心配で眠れなかったと言う。

それからストーブをつける冬には、たけしを自宅へ戻さなくなった。
もし暴れて火事にでもなったら・・・という心配からだ。
たけしには、本州に寝たきり老人がいて、誰も面倒を看るひとがいないから、
おかあさんが冬中行ってるということにしていた。
それでもたけしは毎日電話をかけてくるので、
夜は電話が鳴っても出られないのだと母が苦笑まじりに話していた。
私はナンバーディスプレイの電話機を勧めたが、
機械に弱いからと、しばらく我慢していた。
しかし母はいよいよ困り果ててその電話機を買ってみた。
ちゃんと使いこなして、これならお姉ちゃん(私)からの電話にも出られると喜んでいた。

父が亡くなって、母ひとりにさせるのが心配だったが、
(たかおは義妹の父と暮らしていて、もうそれは崩せない体勢だったし、
母は義妹に少し不満が募っていたので、
一緒に暮らさないほうがお互いのためだと思っている。ははは)
母は新しい電話機の使い方を覚えたり、老人会の日本舞踊を習いに行ったり、
ジムに行って体を鍛えたり、毎日忙しそうに楽しそうにしている。


しかし母の心配はやっぱり続いていたのだ。

たけしの夏の楽しみは、
小樽の水族館と、岩見沢の三井グリーンランドという公園に行くことだった。
行って何をするというのではなく、「行く」というのが大事なのである。
それが毎年恒例のたけしの「行事」なのだから。
しかもそれは大好きな汽車で行かなければ納得しない。
たかおが車で連れて行ってやると言っても、車では承知しないのだった。


しかしこの汽車が最大の問題なのだ。

札幌にこの夏帰ったとき、母から頼まれた。
「たけしに夏休みをあげたいから、1日つきあってくれないか。
私ひとりだとたけしは甘えて、すごくわがままになるんだけど、
誰かひとり他にいれば、そんなにわがままは言わないから。
たかおだとお父さんと似たところがあるから、
ケンカが始まっちゃうんじゃないかと思って頼めないのよ。
おねえちゃんなら大丈夫だと思う。
たけし、毎日電話してきては連れて行ってねって何十回も言うの。
やっぱりいくら何でも夏にどこへも連れて行かないのはかわいそうだと思って」
私は快諾した。
そうだよね。夏の思い出が1日もないなんてかわいそうだと私も思った。
本当は2ヶ所に連れて行かなければならないのだが、
私の時間が無理なので、とりあえず小樽に行くことにした。
その日は娘と夫は別行動をとってもらった。

「それでもちょっと大変なんだけど・・・」
そのちょっと大変というのがどんなものか聞いていた。
聞いてはいたが、実際に体験してみると、それはちょっとどころじゃなかった。
たけしはホームで並んで汽車を待つことすら出来ない。
もうわくわくしてしまって、1秒でも早く汽車に乗りたいために、
列の順番を無視して1番前に並んでしまう。
何度か注意したら、今度は怒り出す始末だ。
母がひとりで連れてきたときはもっとひどくて、
汽車に乗り込むと、自分の好きな席をめざす。
そこに誰かが座っていて、たまたま売店に何か買いに席を立っただけでも、
そこがあいたとばかりに座ってしまった。
だめだよと言っても、動こうとしない。
挙句の果てに「おかあさん、ぼく、わかったから! あっち行ってて!」と
怒鳴られてしまうのだそうだ。
今回はたまたまたけしの好きな席が空いていて、そのシーンは見ずに済んだ。


しかしそれだけでは終わらない。
大好きな汽車に乗ったたけしの気持ちは興奮している。
そして始まるのは大声で歌うことだった。
これには参った。
しかも自分で作曲したらしい曲を、しかも音痴な声で
「ぱらら~ぱらぱらぱんぱんぱん。たらら~たららら~たらら~・・・・」
同じフレーズをエンドレス。
駅が近づくときだけ汽車のスピードダウンに合わせて、
「ぱーん・・・ぱーん・・・ぱぁ――――ん・・・・・・・んっ」と終わらせる。
指揮の手振りつき。

私は自分の子どもには口うるさく言う。
「電車の中はいろんなひとがいるから、
疲れている人も、子どもが嫌いな人も、いっぱいいるから、静かにしようね。
いくら疲れていても、順番を守らないで走って座席を取るのはかっこ悪いから
しないでおこうね」
私はそういうことで人に迷惑をかけるのはとてもとてもいやなのだ。
そして娘はそれをよくわかってくれて、電車で騒ぐようなことは一切しない。
だから私は列の順番を無視したり、電車の中で歌をうたったりする家族がいるという状況に
甚だしく慣れていなかった。
ものすごい拷問だった。


私は何度も
「たけし、もっと小さい声で歌おうね」と言ってみたが、
そのあとのたけしの行動(何十回も母に同じことを繰り返し尋ねては困らせる、例のやつ)を考えると、
困るのは私ではなく母だと思い、強いことは言えなかった。
私は心の中でその車両に乗り合わせた乗客全員に心の中でずっと詫びていた。
何も知らないで乗車してきて、たけしのそばに立った人が、
たけしのたらら~が始まった途端、慌てて場所を移動するたび
歌以外の危害はありませんから。暴れませんから。というアピールのために、
たけしのそばに行って、何か声をかけてみる。
たけし、キャラメル食べるかい。とか、たけし、写真撮ろうか。とか。
しかしうるさがられるので、怒鳴り声が始まる前に撤退しなければならなくなる。
母のほうを見ると、
もうそういうことは全てやりつくしたという顔で、ちいさく頷くのだった。


やっと小樽についたときは
心の打ち上げ花火が100連発な気分だった。
1分1秒でも早く、この電車から降りたかった。
小樽に汽車が着いたとき、たけしの前の座席に座ってしまったために
40分くらいあのフレーズを聞かされていた家族に私は無言で頭を下げた。
どう詫びていいのかわからなかった。
その家族は困った顔で笑いながら、いいんですよと言ってくれた。
本当はすごく腹が立っているかもしれないのに、そう言ってくれたことにとても感謝した。


小樽水族館で魚を見て、イルカのショーをみる。
イルカのショーの前にたけしはコーラをねだるので買ってあげた。
「おねえちゃん、ビンのがいい。缶じゃなくて、ビンね」
会場の入り口にあった自動販売機の内容をちゃんとチェックしていたのだ。
そしてショーが始まる前にすっかり飲み終わって
「ショーが終わったあとにもう1本買ってね、おねえちゃん」と頼まれた。
私は「(いいの?)」という視線を母に投げてみたが、母が笑って頷くので
計2本のコーラをたけしは飲み干してしまった。そしてすぐ水族館内の食堂で食事。
どこにはいるのやら。
それでたけしは大満足なのだった。
安っぽい皿に盛られたチャーハンを嬉しそうに食べているたけし。
たけしが笑っているのを満足そうに見ながら、あとは帰りの汽車だけだと思いつつ食べている母。
私は「このカレーうどん、結構辛いよ。でも今日は雨で寒いから、丁度いい」と言った。


帰りの汽車でももちろんソロ・リサイタルは行われた。
行きの汽車と違っていたのは、
たけしの歌が駅が近づくたび変調するのを、クスクス笑う人たちがいたことだ。
私はすごく嬉しかった。
笑ってくれるのは救いだ。無口になって怒りを募らせられるよりも、何倍も気が楽だ。
札幌が近づくと私もやっと余裕が出来、たけしの歌がおかしくて笑ったら、
おねえちゃん、なんで笑っているのとたけしも笑って聞いてきた。
楽しいからだよ、たけし。


そして無事に病院に送り届けて母と私ははぁあ~と初めて呼吸した気がした。
母は何度も私にありがとうと言った。たけしが喜んでくれてよかったと。
「お母さんね、ひとりであのたけしを連れて回ったとき、
何度もこのままふたりで死のうかと思ったの」


そんな思いをしてまでなぜ障害者を病院の外に出すのかというひともいるだろう。
実は私もそう思う。
私はまだ、興奮して手に負えなくなったたけしを知らないのだけど、
そんなに怖いなら、果たして連れだしていいのか?
こんなに見知らぬ人たちに迷惑をかけまくって?
でも死のうとまで思いつめた母が、
やっぱり息子の楽しい時間をつくってやりたいと思う気持ちを考えると、
よそうと言えない。
それにたけしをよく知っている母が、私がいれば大丈夫だというのだから、大丈夫なんだろう。
本当に大丈夫ではあったのだけれども。


たけしはただ汽車がすごく好きなだけの4歳の子どもなのだ。少なくとも頭の中は。
偏見と無理解がたけしを歪ませ、
歪んだ心がまた偏見と無理解を呼ぶ。
小さいときの、誰にでも笑いかけるたけしは天使みたいにかわいかった。
なんの邪気もない顔をしていた。
それがあんなにおどおどした目になり、
そんな目のまま傲慢になっていくのは、何故か?
誰かのせいなのか?
たけしは何故今回こんな生を選んだのだろう。
それはたけしにしかわからない。
でもたけしと家族になったことで、私はいろんなことを知った。
たけしはメッセンジャーなのだ。




先日母から電話があった。
「たけし、『三井グリーンランドは10月26日までだよ、お母さん』って電話かけてきたの。
二階にいて、子機だったものだから、電話番号を確かめないでうっかり出ちゃったのよ。
どうしようと思って」
私は来年はたけしのための2日をちゃんと予定にいれるから、
今回は寝たきり老人が具合悪すぎたことにして、我慢してもらったらとすすめてみた。
仕方がないことだったらたけしもしぶしぶ承知するだろうし、
これ以上無理をすることはないと思った。
母ひとりでは無理だし、たかおも私は危ないと思っている。
たかおはきっとたけしの我儘に我慢できないだろう。
母は十分すぎるほどたけしのことを考えているのだから、それで十分だと思った。
誰も母を責めたりしない。
ただ、母が自分で自分を責めるのだけど・・・。
それにしても4歳児でも、
ちゃんとそういうことをTVのCMでチェックできるんだね。
あの自動販売機に瓶のコーラがあるのを一瞬でチェックできたひとだから、
さすがだよねと母と2人で笑った。

本当はたけしの「行事がおこなわれないこと」のストレスがものすごいことも
私たちは知っているのだけれども。

でも。
でも十分だと母にも自分にも言い聞かせている。
そう、十分だ。
2008-05-03

*退屈は風景に似ている。それは青空にも。―――岡崎京子

私は退屈しない。

だけれど、青空に似ているというのは、なんとなくわかる。
退屈とは、意図も目的も手段も持たない状態なのだと思う。
青空はただ青空であるだけ。
そこにただ存在している。
人はいろんなものをそこに投影して見ているけれど、
楽しい人にも、悲しい人にも、小さい人にも、大きい人にも、
一切構わず、何もしない。
それが風景であり、青空なのだ。

人間の退屈には必ず出口がある。
それを探すのも、退屈をしばらく味わうのも、自由。
退屈に退屈したと思ったら、しめたものだと思う。
同じ青空でも深さがあると気付けたら、
また別の青空をそこに見られる。

私は退屈しない。
これっていいこと?
プロフィール

Etsuko*

Author:Etsuko*
――――――――――――――
お問い合わせはこちら
haccabox☆live.jp (☆を@に変えてくださいませ)
――――――――――――――
◆札幌出身 埼玉県南部在住
◆女性
◆職業:MMS JAPANガイド
ヒーラー・チャネラー
直傳霊氣療法士
イラストレーター
ジュエリーデザイナー

◆好きな食べ物:
フルーツ フルーツ フルーツ
◆好きなスポーツ:
太極拳
◆好きな音楽:
TRICERATOPS、Bonnie Pink、
PINK、溝口肇、Chen Min
他たくさん

◆◆アデプトプログラム◆◆
2日間 料金¥55000
光溢れる人生を!
※個別対応・日程相談・出張可
※恐縮ですが、出張の場合、交通費を申し受けます。
※埼玉県、東京都、福岡県、熊本県などで開催しています。

◆◆Light◆◆
●DNAアクティベーション
・・・¥15000
波導水スパジェリック付
新しい自分に出会うために ! スピリチュアルなスイッチをまず押しましょう★
アンチエイジングにもおすすめです!

●大天使サブラエルのヒーリング&チャネリング・・・
フルセッション1時間/¥18000
あなたに今一番必要なヒーリングと、一番必要なメッセージを
わたくしのチャネリングコントラクトのある、
光と闇のバランスをとる大天使サブラエルからもらいます
2回目からは15000円

●コダンリーディング
60分15000円
DNAに刻まれている情報をリーディングします。
持って生まれてきた才能や、魂が決めてきた方向性、エマネーションの情報、人間関係の契約、マインドのギフトなど、自分自身についてたくさんの情報をリーディングいたします。

※注 このセッションをご希望の方は事前にDNAアクティベーションをお受けください。このセッションは他のセッションと組み合わせて受ける事ができません。
尚、その時に必要な情報・許可が出た情報を読みますので、何回でもお受けになることができますが、ご質問についてのリーディングは出来ません。あらかじめご了承下さい。

●ホーリーブラッドヒーリング&リーディング・・・1時間 15000円
あなたの中の聖なる血を甦らせて、活力を与えます。
聖なる情報もリーディングしてお伝えします。

●ラー・プロテクション・リチュアル・・・カウンセリング込み 1時間半 15000円
これは少しエクソシズムに似ています。
でも普通のエクソシズムよりも多くのプロテクションをもたらします
エネルギーに敏感で、影響を受けやすい方、
ご自分のプロテクションがうまく行かない方などに

●クライスト・レイ・インフュージョン・・・約30分¥10000
お客様の苦しみを抜き取り、引き受け、昇華させるメソッドです。
カウンセリングしたあと、後ろから10~15分ほどハグをします。
簡単なことをしているようにみえますが、すごいエネルギーが流れます。

●アバンダンティア・アバンダンス・レイ アチューンメント・・・40分¥15000
アバンダンスとは豊かさのことです
人は誰でも豊かになる必要があります
美しいアバンダンティアからアバンダンスのサポートを貰います

当日キャンセルの場合は、100%お支払いいただきます。
3日前~前日まででしたら、80%
一週間前まででしたら、50%を申し受けます。
ただし、地方出張の場合は、既に航空券を購入している場合がございます。
その時にはセッション料のほかに、交通費のみ100%お支払いいただきます。


●天然石アクセサリーセッション
・・・3~5時間 ¥25000より
お好きな天然石を選んでいただき、その場でアクセサリーをつくるセッションです。お客様はリラックスなさって、絵本や図鑑などをご覧になったり、おしゃべりなどして、ゆったりとお過ごしいただきます。


●カウンセリング
・・・1時間 1万円
何をしたらいいのか、全く判らない。何に悩んでいるのかも判らないというようなときがあります。
そんなときはとりあえずお喋りしてみましょう。
勿論こちらではいろんな存在のエネルギーをお流ししながら、お話を聞かせていただきます。
ご自分に価値がないと思いこんでいらっしゃる方は先にカウンセリングを受けられることをおすすめします。



◆◆ヒーリング◆◆
●直傳靈氣・・・10分¥1000(20分から開始)
体の調子を整えます。遠隔もできます

●イシス・ヒーリング ・・・¥10000
古いエネルギーを壊して、新しいエネルギーを再構築します
頭が軽くなりますよ

メンテナンスに最強です。
ただし、イシスヒーリングは3ヶ月に1回がオススメです。

●イシスヒーリング2
・・・1時間 ¥15000
ポジティヴな思考と、より多くの情熱、活力を与え、生活により多くの豊かさをもたらします。
また会いのエネルギーに明晰さが加味され、愛する人がより見つけ易く、パートナーのいいところがより明確に見えるようになります。
※イシスヒーリング1を受けた後、1ヶ月後以降から受けられます。
※遠隔もできます。

●ザ・コア 阿蘇山ポイント ヒーリング・・・1時間 10000円(カウンセリング込み)

最もピュアなとき、それは生まれた瞬間です。
もう一度、その時の状態を体験してみませんか。
恐れや、不安は、経験から生まれるものです。
それがどれだけ楽しく生きる邪魔をしているか、考えたことはありますでしょうか。

●エンソフィックレイ・ヒーリング・・・全3回
¥35000(一括) 1回分及び分割 ¥15000 
※神がわたしたちに与えた青写真に基づいて、ずれてしまった部分をなおすという、とてもパワフルなヒーリング
本来の自分に戻るサポートをします。
出来れば3ヶ月後にもう一度お受けになることをお薦めします

●エンソフィックレイ・リダイレクション・・・¥15000
大嫌いな自分から、大好きな自分へ変わりましょう
とてもパワフルで、気持ちのいいヒーリングです

●スパーク オブ ライフヒーリング・・・¥20000
ストレスを軽減し、安らぎと安心、そして望ましい変化をサポートします(遠隔のみ)

●神聖幾何学5ヒーリング
・・・1時間 ¥17000
オーラに神聖な幾何学模様を書き込み、スピリットとソウルと肉体をおつなげします。
すっきりするヒーリングです。

●エンジェルライト・ヒーリング・・・1時間 10000円
天使の翼の内部にある光で、あなたのオーラにある不要なものを一掃します。

●ギビング・スピリット・インフュージョン・・・30~40分 10000円
究極の愛と光をそそぐ強力な儀式です
自分のことが好きになれない方、エネルギーの状態が低くて、気分が最低な毎日を送っていらっしゃる方、
否定的な考えしか浮かばない方などに
また、パワーUPとスピリチュアルな進化を促進させるために、是非☆


●お任せセッション
3時間3万円
何を受けたらいいのか、判らない。でもカウンセリングだけじゃ物足りない・・・という方には、こちらで最適と思われるものを2~3点チョイスしてヒーリングをさせていただきます。
お得です。



こちらにshopも細々と開いております。
少しずつ商品を増やしていきますので、気長にお待ちくださいませ。
http://haccabox.cart.fc2.com/

カテゴリー
最近の記事
フリーエリア
blogram投票ボタン
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター